beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

新潟シンガポールの23歳MF栗島が岩手に完全移籍「Jリーグでプレーしたいと考えていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

早稲田大時代のMF栗島健太

 いわてグルージャ盛岡は12日、アルビレックス新潟シンガポール(シンガポール)に所属するMF栗島健太(23)が2021年シーズンから完全移籍で加入することを発表した。

 栗島は流通経済大柏高、早稲田大を経て2020年に新潟シンガポールへ加入。クラブはプレースタイルについて公式サイト上で「ゲームをコントロールする視野の広さと展開力を兼ね備えたMF。攻撃を活性化させるプレーが特徴」と紹介している。

 加入に際して栗島は「Jリーグでプレーしたいと考えていた中、その機会を与えてくださったいわてグルージャ盛岡の皆さんにはとても感謝しています。多くの方に夢や希望を与えられる選手になるため、日々努力していきたいと思います。目標であるJ3優勝を全員の力で掴み取りましょう!」とコメントした。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF栗島健太
(くりしま・けんた)
■生年月日
1997年4月19日(23歳)
■出身地
千葉県
■身長/体重
175cm/71kg
■経歴
柏イーグルス-流通経済大柏高-早稲田大-新潟シンガポール(シンガポール)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●2021シーズン新体制&背番号一覧
●2021年Jリーグ移籍情報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP