beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

オーバメヤンがハット達成! アーセナルは終盤2失点も大量4得点で守り切り、4戦ぶりの白星

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWピエール・エメリク・オーバメヤンがハットトリック達成

[2.14 プレミアリーグ第24節 アーセナル 4-2 リーズ]

 プレミアリーグは14日に第24節を行い、アーセナルリーズに4-2で勝利。FWピエール・エメリク・オーバメヤンがハットトリックを記録した。

 直近3試合で2敗1分と勝ちがなかったアーセナル。4試合ぶりの白星を手にするべく、エースが序盤から躍動する。前半13分、MFグラニト・ジャカのパスを受けたオーバメヤンは、左サイドからドリブルをしながらPA左に進入。カットインから右足を振り抜くと、ゴールのニアサイドを通し、先制点を獲得した。

 アーセナルは前半28分にもDFダビド・ルイスがオーバーラップでチャンスを作り、PA右から折り返すが、オーバメヤンのフィニッシュは相手選手にブロックされる。同34分にはFWブカヨ・サカが相手PA内で倒されてPKを獲得するが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入でファウルは認められず。しかし、39分にはサカが今度は相手GKにPA内で足をかけられ、主審は今度こそPKの判定を取る。

 アーセナルの獲得したPKはオーバメヤンがキッカーに。前半41分に冷静に決め切り、2-0と点差を広げた。さらに同45分、PA内でパスを回すアーセナルはMFダニ・セバジョスがDFエクトル・ベジェリンにラストパス。ベジェリンはPA右の角度のないところから右足を振り抜き、ゴールのニアサイドを打ち抜いて3点目を挙げた。

 アーセナルの勢いは止まらず。3-0で折り返した後半2分にはMFエミール・スミス・ロウがPA左からライナー性のクロスを挙げ、ファーサイドのオーバメヤンがヘディングシュート。ゴールに叩き込み、ハットトリックを達成した。

 しかし、アーセナルは後半13分にセットプレーからDFパスカル・ストライクに決められると、同24分にはFWエルデール・コスタにも失点を許し、点差を縮められる。守備面で不安を残したが、それまでの貯金でしのぎ切り、4-2で試合終了。4試合ぶりに勝ち点3を手にし、18日のヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦・ベンフィカ戦に弾みをつけた。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP