beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシの“ささやき”にエルチェGKが一瞬固まる…試合後のやり取りが話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加

FWリオネル・メッシの言葉にエルチェGKが驚く

[2.24 ラ・リーガ第1節延期分 バルセロナ3-0エルチェ]

 バルセロナのFWリオネル・メッシエルチェのGKエドガル・バディアが試合後に見せたやり取りに、アルゼンチン『TyCスポーツ』など複数メディアが注目している。

 24日にラ・リーガ第1節延期分が開催され、カンプ・ノウでバルセロナとエルチェが対戦した。エルチェ守護神のバディアは前半こそ無失点で耐えたが、後半にメッシの2発を含む3失点。チームは敵地で0-3の完敗を喫した。

 試合後、メッシはユニフォームを脱いでバディアに渡し、互いに抱擁。続いてメッシが言葉をかけると、バディアは一瞬あっけにとられた様子を見せ、急いでユニフォームを脱いでメッシに差し出した。

 同メディアは「エルチェGK、ユニフォーム交換でメッシに驚き」と題した記事で、この場面に関して次のようにレポートしている。

「試合後の典型的なシチュエーション。選手同士が挨拶を交わし、ピッチ上での戦いの後には仲間意識が芽生えている。メッシはシャツを脱いでエルチェのエドガル・バディアと向き合った。彼はハグで終わったと思っていたが、そうはならなかった」

「メッシが耳元で何か言うと、バディアは『僕?』。メッシは笑い始めた。おそらく彼は、世界最高のサッカー選手がユニフォーム交換に興味を持つとは想像もしていなかっただろう。すぐに反応し、アルゼンチン人にシャツを渡した」

 この心温まるシーンの動画はSNSで瞬く間に拡散し、大きな話題となっている。


●ラ・リーガ2020-21特集

TOP