beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

南野拓実のリバプールでの将来は?英記者が予想「最も可能性のあるシナリオは…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

南野拓実の将来は?

 リバプールは、今夏に南野拓実を売却する可能性があるかもしれないようだ。地元紙『リバプール・エコー』のマット・アディソン記者が予想している。

 2020年1月にプレミアリーグの名門、リバプールに加入した南野。しかし、圧倒的な強さでリーグ優勝したチームの中でなかなか出場機会を得られず、今冬の移籍市場最終日に半年間の期限付きでサウサンプトンに活躍の場を移した。

 すると、セント・メリーズ・スタジアムのクラブで日本代表MFは、デビュー戦でいきなりゴールを挙げるなど4試合(先発3試合)で2ゴールを記録する好パフォーマンスを披露。この活躍を受け、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督や主将のジェームズ・ウォード・プラウスら、さらにクラブ外からも多くの賛辞を受けている。

 そんな南野だが、今夏以降のリバプールでの将来は不透明に。プレミアリーグ連覇を目指した今シーズン、ユルゲン・クロップ監督率いるチームは多くの負傷者に見舞われて不振に陥っており、優勝が絶望的に。そのため、来季へ向けて今夏の移籍市場で積極補強に動く可能性が予想され、競争がさらに激しくなる可能性も伝えられている。

 さまざまな憶測が広がる中、『リバプール・エコー』の記者を務めるアディソン氏は、同メディアの『ブラッド・レッド・ポッドキャスト』の中で「現時点で最も可能性があるシナリオは、おそらくサウサンプトンで2ゴールを記録した彼の価格は高騰していて、この夏にリバプールが彼から利益を得る可能性があるというものだ」と将来を予想した。

 なお、サウサンプトンで結果を残す日本代表FWに対してはセビージャが獲得に興味を示すと一部で報じられた。リバプールがセビージャFWルーカス・オカンポスに興味を持っており、移籍金の引き下げを目指して南野を提示する可能性があるようだ。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2020-21特集
世界のサッカー情報はgoal.com

TOP