beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

シュツットガルト遠藤航が2G2Aの大活躍! 欧州5大リーグでルカク、グリーリッシュに次ぐ快挙

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF遠藤航が大車輪の活躍

 シュツットガルトの日本代表MF遠藤航は27日のブンデスリーガ第23節・シャルケ戦でリーグ戦初ゴールを記録。2ゴール2アシストの活躍で5-1の勝利に大きく貢献した。

 1対1の強さを示す“デュエル勝利数”でリーグトップに立つ日本代表MFは、今節結果でその存在感を示した。前半10分、右CKを右足ボレーで叩き込んで先制に成功。同26分には左CKがファーサイドに流れたところを冷静に左足で押し込んだ。

 さらにその活躍は止まらない。3-1で前半を折り返すと後半43分、遠藤の中盤からの縦パスでMFフィリップ・クレメントのゴールをお膳立て。後半アディショナルタイム1分過ぎには、遠藤が右サイドからパスを出し、MFダニエル・ディダビのダメ押し5点目もアシストした。

 遠藤は2ゴール2アシストを記録。データサイト『opta』によると、2004-05シーズン以降でブンデスリーガ1試合4得点に関与した最初の日本人となった。また、データサイト『SofaScore』によると、今季ブンデスリーガで2ゴール2アシストは初の記録に。また、欧州5大リーグでも、FWロメル・ルカクとMFジャック・グリーリッシュに次ぐ3人目になるという。

 クラブ公式サイトでは、FWササ・カライジッチが遠藤の活躍に言及。「勝ったことを嬉しく思う」と喜びを語りつつ、「ワタルがゴールとアシストで力強いパフォーマンスを見せてくれた。GKグレゴールも助けてくれた。この勝利に満足している」と日本人MFを称賛した。

●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2020-21特集

TOP