beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

リバプールが泥沼4連敗から脱出! 最下位シェフィールド・Uに2発完封勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

リバプールが5試合ぶりの白星

[2.28 プレミアリーグ第26節 シェフィールド・U 0-2 リバプール]

 プレミアリーグは28日に第26節を行い、リバプールは敵地で最下位シェフィールド・ユナイテッドに2-0の勝利。泥沼の4連敗から脱出した。

 リバプールは序盤から攻撃を仕掛けるが、GKアーロン・ラムスデールの好セーブ連発に遭い、なかなか牙城を崩すことができない。一方で、同36分には相手のロングボールに対応したDFオザン・カバクがオウンゴールをしてしまうが、直前のプレーで相手のオフサイドが認められてノーゴールとなった。

 前半を0-0で折り返すと、リバプールは後半3分に待望の先制点。DFトレント・アレクサンダー・アーノルドが右サイドからクロスを上げると、PA内での交錯を経てこぼれたボールを、MFカーティス・ジョーンズが右足で押し込んだ。

 リバプールは後半20分にFWロベルト・フィルミーノが個人技でPA内に入り込んで右足シュート。ボールは相手選手に当たり軌道が変わってゴールに吸い込まれ、記録上ではオウンゴールとなった。

 チャンスを作り続けたリバプールが2-0で連敗脱出。勝ち点3を積み重ね、現在6位に位置している。

●プレミアリーグ2020-21特集

TOP