beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アルゼンチンと2連戦行うU-24日本代表…反町技術委員長「ガチンコ勝負できるのを嬉しく思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

反町康治技術委員長

 日本サッカー協会(JFA)は1日、U-24日本代表が3月にU-24アルゼンチン代表と2試合の国際親善試合(26日に東京スタジアム、29日に北九州スタジアムで開催)を行うことを発表。同日に反町康治技術委員長がオンラインでメディア対応を行った。

 アルゼンチンは04年アテネ、08年北京で2連覇を達成するなど、五輪での実績も十分。反町技術委員長も「本大会でも力を発揮できる素晴らしい、伝統あるチーム。ガチンコ勝負できるのを嬉しく思う」と述べている。

「それ(ガチンコ勝負)によって現在地を知り、今後の強化の方針に変えていく必要もある。2試合は、目の前の本大会に向けて、今後の代表の強化のためにも、非常にプラスになる最高の相手になると思う」

 コロナ禍で国家間の移動が制限されていることもあり、招集できる選手は不透明だが、「所属するチーム、州、県、市、国によって対応が違ってくる。我々としてはできるだけ、五輪のベストチームを作りたいのは間違いない。クラブを含めて交渉していきたい」と返答。また、観客の有無に関しては、「政府の方針に従ってやるのが我々のスタンス。Jリーグがお客さんを入れている状況であれば、我々も同様の形でやるようにしたいし、我々なりの対策をして万全の状態でやりたい」と話している。

TOP