beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

ベルギーデビューを果たしたDF橋岡「個人としては一歩前進しました」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルギーデビューを果たしたDF橋岡大樹

[2.28 ベルギー・リーグ第28節 シントトロイデン0-2オイペン]

 シントトロイデンのDF橋岡大樹が1日に自身のツイッター(@hashiokadaiki)を更新し、ベルギーデビューについて言及した。

 今冬に浦和から期限付き移籍した橋岡は、2月28日に敵地で行われたベルギー・リーグ第28節オイペン戦で後半19分に途中出場。待望の新天地デビューを果たしたが、GKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨も出場した一戦は0-2の完封負けとなった。

 橋岡は試合後にツイッターで「ベルギーリーグデビューする事が出来ました」と報告。「チームは負けてしまいましたが、個人としては一歩前進しました」と前向きに語り、「チームの勝利に一つでも多く貢献出来るように頑張ります。まずは次の試合に向けて良い準備をします」と切り替えた。

 シントトロイデンは今季ここまでリーグ戦29試合を消化し、勝ち点31の15位。次節は5日に開催され、アウェーでMF森岡亮太所属のシャルルロワと対戦する。

●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2020-21特集

TOP