beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

南野は負傷でメンバー外、サウサンプトンはエバートンの牙城崩せず…9戦連続で未勝利に

このエントリーをはてなブックマークに追加

サウサンプトンは勝利から2か月遠ざかっている

[3.1 プレミアリーグ第26節 エバートン 1-0 サウサンプトン]

 プレミアリーグは1日に第26節を行い、FW南野拓実が所属するサウサンプトンエバートンと対戦し、0-1で敗戦。リーグ戦9試合で未勝利(8敗1分)が続いている。南野は負傷によりメンバー外となった。

 7位エバートンが不調にあえぐサウサンプトンから勝利を奪った。試合は前半9分に動く。GKジョーダン・ピックフォードが後方からロングボールを入れ、FWドミニク・カルバート・ルーウィンが頭で競り合い、MFギルフィ・シグルズソンが収める。シグルズソンのスルーパスにFWリシャルリソンが反応し、GKフレイザー・フォースターをかわしながらゴールに流し込んだ。

 その後もエバートンの猛攻が続くも、追加点を奪えない。一方、サウサンプトンも終盤にかけてエバートンのゴールを脅かすが、その牙城は崩せずに試合終了。1-0で守り切ったエバートンは連勝を達成し、サウサンプトンは1月4日の勝利から約2か月白星から遠ざかっている。

●海外組ガイド
●プレミアリーグ2020-21特集

TOP