beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

本田が古巣ボタフォゴに“最高級”の置き土産

このエントリーをはてなブックマークに追加

MF本田圭佑が古巣ボタフォゴに寄付

 ボタフォゴは2月28日、昨年12月まで所属したMF本田圭佑がVIP会員の年間パス50個を購入し、クラブに寄付したことを発表した。

 クラブによると、本田は感謝の意を込めて最も高価なプランであるVIP年間パスを50個購入し、ボタフォゴに寄付。クラブは今後、2021年シーズンに向けたコンテストを実施し、当選者を決めるとしている。

 ボタフォゴはクラブ公式サイト上で「本田の行動に感謝する。彼とは海外での商業的・制度的なパートナーシップを求め、常に連絡を取り合っている」とコメントした。

 本田は昨年1月にボタフォゴへ加入し、クラブ通算27試合の出場で3ゴールを記録。同年12月に退団した後、チームはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル全国選手権1部)で最下位に終わり、来季の2部降格が決まっていた。

●海外組ガイド

TOP