beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大分が三竿&小林成のゴールで今季初勝利!! 横浜FCは後半AT“幻の同点弾”も開幕2連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF三竿雄斗

[3.6 J1第2節 横浜FC1-2大分 ニッパツ]

 J1リーグは6日、第2節を各地で行い、大分トリニータ横浜FCを2-1で破った。大分は昨季無得点だったDF三竿雄斗とFW小林成豪のゴールで今季初勝利。横浜FCは開幕節に続き、序盤の連続失点が響いて2連敗となった。

 ホームの横浜FCは大敗を喫した開幕節の札幌戦(●1-5)から先発6人を変更。DFマギーニョ、DF伊野波雅彦、DF武田英二郎、MF瀬古樹、MF手塚康平、FW松尾佑介が新たに入った。対する大分も徳島戦(△1-1)から5人を入れ替え、DF上夷克典、DF福森健太、MF下田北斗、小林成、FW伊佐耕平を起用。上夷、福森はこれがJ1デビュー戦となった。

 試合は立ち上がりから横浜FCがボールを保持したが、大分が立て続けにスコアを動かした。まずは前半9分、左サイドを攻め上がった小林成のクロスが相手に当たって跳ね返り、深い位置をえぐった下田がグラウンダーでのクロスを供給。これに対してニアサイドで待っていた三竿がダイレクトで狙うと、GK六反勇治に触られながらもネットにねじ込んだ。

 大分はさらに前半11分、右サイドを猛スピードで突破したMF井上健太がクロスを送ると、ニアでクリアを試みたDF袴田裕太郎が痛恨のクリアミス。後方で待ち構えていた小林成が冷静にGKの裏を突き、グラウンダーでのシュートを流し込んだ。

 ところがその後は横浜FCが一方的に主導権を保持。前半24分、武田のクロスに合わせたFWクレーべのヘディングシュートがクロスバーに直撃すると、28分にはMF齋藤功佑がFW伊佐耕平にゴール正面で倒され、FKを獲得する。キッカーは手塚。大分の壁が空いたコースを低い弾道で狙ってゴールに直接突き刺し、横浜FCが1点を返した。

 さらに勢いを強める横浜FCは前半34分、セットプレーからFW小川慶治朗が決定的なヘディングシュート。これはDF坂圭祐と井上のカバーリングに阻まれたが、後半に入ってもチャンスが続き、開始2分に松尾のクロスからクレーベがダイレクトで狙った。大分はGK高木駿のビッグセーブでなんとか失点を免れたが、防戦一方の展開が続いた。

 横浜FCは後半14分、左サイドでボールを奪った松尾が独走ドリブルでエリア内まで切り裂いてシュート。ところがこれも坂のカバーに阻まれた。すると大分は15分、上夷、小林成、伊佐の3選手を一気に下げてDF羽田健人、FW高澤優也、FW長沢駿を投入。横浜FCは齋藤に代わってFW伊藤翔を起用した。

 横浜FCは後半30分、瀬古の鋭いクサビのパスにクレーベがヒールで合わせるも、シュートは高木の正面。32分には松尾と武田を下げてFW杉本竜士とDF前嶋洋太、42分にはクレーべに代わってFW渡邉千真を入れた。

 すると後半アディショナルタイム6分、横浜FCはパワープレーから猛攻をしかけ、こぼれ球に反応した伊藤がネットに蹴り込む。だが、ここでフラッグアップを遅らせていた副審がオフサイドの判定。VARによるチェックを経ても判定は覆らず、そのままタイムアップを迎えた。2点を先制して以降は劣勢が続いてた大分がなんとか1点のリードを守り切り、今季初白星を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP