beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

強さ示した名古屋U-18が前半3発。前橋育英の追撃振り切る

このエントリーをはてなブックマークに追加

前半終了間際、名古屋グランパスU-18CB吉田温紀がヘディングシュートを決めて3-0

[3.6 プーマカップ群馬 前橋育英高 2-3 名古屋U-18]

 6日、2021プーマカップ群馬で前橋育英高(群馬)と名古屋グランパスU-18(愛知)が対戦。名古屋U-18が3-2で競り勝った。

 前半は風上の名古屋U-18が強さを見せつけた。5分、MF甲田英將(2年)の仕掛けを起点にFW真鍋隼虎(2年)が抜け出し、シュートのこぼれ球をFW源平倭人(中学3年)が先制点を奪う。さらに堂々の動きを見せていた中学2年生MF杉浦駿吾のクロスから甲田が決めて2-0と突き放す。

 名古屋U-18はMF加藤玄(2年)とMF齋藤洋大(2年)のボランチコンビが精度と落ち着きをもたらし、甲田が一際キレのある動きで攻撃を牽引。前半終了間際にも齋藤の右CKをCB吉田温紀(2年)が頭で決めて3-0で折り返した。

 それでも後半、風上に立った前橋育英の距離感が向上。幅を活用した攻撃で反撃する。5分に敵陣でのインターセプトからFW守屋練太郎(2年)がシュート。こぼれ球をMF笠柳翼(2年)がゴールへ押し込む。さらに10分、左サイドからワンツーで崩そうとした笠柳がこぼれ球を拾い、右足シュートを右隅へ沈める。

 名古屋U-18は余裕のあるボールさばきを見せる吉田や加藤、齋藤らがボールを前進させる。そして、24分には交代出場のU-15日本代表候補FW貴田遼河(中学3年)が右足シュート。前橋育英もMF鈴木太智(2年)のクロスからMF渡邉亮平(2年)が決定的なヘッドを放つなど同点を目指したが、GK宮本流緯(2年)の守る名古屋U-18ゴールを破ることはできなかった。

(取材・文 吉田太郎)

TOP