beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

磐田が今季初勝利!! 山田大記2発&ルキアン弾で水戸を下す

このエントリーをはてなブックマークに追加
[3.13 J2リーグ第3節 磐田3-2水戸 ヤマハ]

 J2リーグは13日、第3節を開催し、ヤマハスタジアムではジュビロ磐田水戸ホーリーホックが対戦。前半9分にMF山田大記の得点で先制した磐田は、同18分に水戸に追い付かれながらも、同アディショナルタイムに山田が勝ち越しゴールを奪取。後半に1点ずつが生まれた試合は、磐田が3-2の勝利を収めて今季初白星を獲得した。

 開幕2連敗中の磐田は6日の第2節町田戦(●1-3)から先発2人を入れ替え、DF今野泰幸、DF鈴木雄斗らを先発起用。一方、アウェーの水戸は前節北九州(○2-1)から先発3人を入れ替え、MF森勇人、MF平塚悠知、DF村田航一らがスターティングメンバーに名を連ねた。

 前半9分に試合を動かしたのはホームの磐田だった。MF遠藤保仁が蹴り出したCKから鈴木が放ったヘディングシュートのコース上にいた山田が体で押し込み、スコアを1-0とした。だが、前半18分に水戸が思わぬ形で同点に追い付く。PA内に侵入しようとしたFW安藤瑞季の突破は阻まれるが、MF小川大貴がGK八田直樹に送ったバックパスが中途半端になると、走り込んだ安藤が押し込んで試合を振り出しに戻した。

 しかし、前半アディショナルタイム、右サイドを駆け上がった小川の弾道の低いクロスがGK牲川歩見のファンブルを誘うと、こぼれ球に反応した山田が右足で蹴り込んで磐田が勝ち越しに成功した。

 2-1のまま後半を迎えると、同30分に磐田が追加点を奪取。MF山本康裕がPA内右から放ったシュートはポストに弾かれたものの、こぼれ球をFWルキアンが押し込んでリードは2点差に。同34分にはMF平塚悠知が蹴り出したFKをDF住吉ジェラニレショーンが折り返すと、走り込んだFW中山仁斗がダイレクトで蹴り込み、水戸が1点差に詰め寄る。しかし、水戸の反撃もここまで。逃げ切った磐田が3-2の勝利を収めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP