beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

内容でもアルゼンチンを圧倒!! U-24日本、林大地の初ゴール&板倉2発でリベンジ達成!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-24日本代表がアルゼンチンに勝利

[3.29 SAISON CARD CUP 2021 U-24日本 3-0 U-24アルゼンチン 北九州]

 U-24日本代表は29日、北九州スタジアムで開催された「SAISON CARD CUP 2021」でU-24アルゼンチン代表と対戦。前半45分にFW林大地(鳥栖)のゴールで日本が先制すると、後半23分と同28分にDF板倉滉(フローニンゲン)が加点し、3-0の完封勝利を収めた。

 日本は26日の1試合目から先発を9人入れ替え、システムは同様に4-2-3-1を採用。GKに谷晃生(湘南)、4バックは右からDF原輝綺(清水)、DF瀬古歩夢(C大阪)、DF町田浩樹(鹿島)、DF古賀太陽(川崎F)が並ぶ。中盤は板倉とMF田中碧(川崎F)がドイスボランチを組み、2列目は右からMF食野亮太郎(リオ・アベ)、MF久保建英(ヘタフェ)、MF相馬勇紀(名古屋)が並び、1トップには林が入った。[スタメン&布陣はコチラ]

 なお、対戦相手のアルゼンチンは五輪南米予選を1位で通過し、東京五輪出場権を獲得しており、26日に東京スタジアムで行われた1試合目で日本は0-1の完封負けを喫している。

 1試合目はアルゼンチンの強靭なフィジカルに後手に回った日本だったが、この日は試合開始から球際での強さを発揮。特に板倉と田中のボランチが激しい寄せで相手攻撃を寸断し、攻撃へとつなげる場面を作り出す。1試合目が出場停止だった田中の存在感は抜群。ピッチの至るところに顔を出してボールを受け、左右に散らしてリズムを生み出した。

 前半26分には田中のロングボールから最終ライン裏に林が抜け出すがフィニッシュまで持ち込めず。その流れから相馬が左サイドを突破して折り返したボールに食野が反応するも、シュートは相手選手にブロックされた。同37分には、町田のサイドチェンジを受けた久保のパスから前線に上がった原のクロスに林が飛び込むが、ヘディングシュートをジャストミートさせられなかった。

 しかし、前半45分に日本が試合を動かす。最終ラインの瀬古のロングフィードから抜け出した林がPA内まで持ち込むと、GKのタイミングを外した右足のシュートでゴールを陥れ、スコアを1-0とした。

 林の同代表初ゴールで先制し、1-0で前半を折り返すと、後半6分に日本が好機を創出。右サイドから切れ込んだ久保のラストパスをPA内で受けた相馬が左足で狙うも、シュートは惜しくもポストを叩いてしまった。

 後半16分には林に代えてFW田川亨介(FC東京)をピッチへと送り込む。同19分にはFWアドルフォ・ガイチにPA外からミドルシュートでゴールを脅かされるも、谷が阻んでゴールを許さない。

 すると、後半23分、久保が蹴り出したCKを板倉が打点の高いヘディングで叩き込み、日本がリードを2点差に広げる。攻撃の手を緩めない日本は後半28分、久保が蹴り出したCKを再び板倉がヘディングで突き刺し、スコアは3-0になった。

 後半30分には久保に代えてMF三好康児(アントワープ)、同38分には食野に代えてMF旗手怜央(川崎F)、同43分には相馬に代えてMF三笘薫(川崎F)、同44分には古賀に代えてDF中野伸哉(鳥栖)、同アディショナルタイムには田川に代えてMF渡辺皓太(横浜FM)を投入。その後、日本に追加点こそ生まれなかったものの、アルゼンチンの反撃を許さずに3-0の完封勝利を収め、3日前のリベンジを果たした。

(取材・文 折戸岳彦)

TOP