beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

林大地が“五輪”初弾!久保→板倉でCK2発! 横内監督「彼の良さを存分に出してくれた」「準備していたとおり」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-24日本代表の横内昭展監督

 優勝候補のアルゼンチンにリベンジを果たしたのは、第1戦から先発9人が入れ替わった選手たちだった。U-24日本代表の横内昭展監督は試合後のオンライン会見で「使いたい選手はいたが、怪我やコンディションのところもあってそこまで至らなかった」と選考の意図を述べつつ、「フレッシュな選手が練習から高いモチベーションでクオリティを出してくれた」と称えた。

 26日の第1戦では0-1で敗れたU-24日本代表。第2戦では先発9人を入れ替え、MF板倉滉(フローニンゲン)とMF久保建英(ヘタフェ)のみ続けてピッチに立った。その背景にはアクシデントもあった模様。この日、MF中山雄太(ズウォレ)はベンチで試合を見つめていたが、「少し痛めた箇所があり、プレーするまでに至らなかった」(横内監督)という。

 それでも代わりに入った選手たちが絶大なパフォーマンスを発揮した。立ち上がりから第1戦で出場停止だったMF田中碧(川崎F)が個の局面でも相手を上回り、攻守に存在感を発揮すると、前半終了間際にはDF瀬古歩夢(C大阪)からFW林大地(鳥栖)へのフィードで先制点を奪取。後半はセットプレーから連続先発の久保、板倉のホットラインで次々に2点を奪い、終わってみれば3-0の完勝となった。

 横内監督は1点目の場面について「歩夢からのボールだったが、ディフェンスラインから持ち出してコンパクトにしていたことで大地へのパスにつながった。攻守にコンパクトにできたことが大きかった」と指摘。初戦で得た教訓である「足元のボールへのプレッシャーがキツくきていたので、そういう時は背後を狙っていく」という狙いが奏功したゴールだったことを明かした。

 加えて、U-24代表初招集で初ゴールを奪った林についても「このチームで活動するのが今回が初めてなので、周りと合わせる時間が少なかったが、今ある彼の良さを存分に出してくれた」と称賛の言葉を贈った。

 また2、3点目のセットプレーも「われわれスタッフで準備していたとおり」だったという。指揮官は海外でプレーする二人の連係について「セットプレーではいい入りをしていてもいいボールが来ないと得点は生まれないし、いいボールがきてもいい入りがないと得点は生まれない。そこがちょうど合致して得点が生まれたのはチームにとって素晴らしかった」と称えていた。

 もっとも横内監督はこの勝利を手放しで喜ぶことはしなかった。

「1戦目は敗戦しているし、今回は勝つことができたが、アルゼンチンが強豪で優勝候補の一つというのは変わらない。本大会になったら違う力を出してくると思う。選手たちにとっては自信になったと思うが、それが過信にならないよう、まだまだ成長できると思うのでもっともっと成長していきたい」。

 そう語った指揮官は試合後、選手たちに「代表活動は短い期間で集まって一つのチームになっていく。それより長い期間は自分のクラブで練習し、試合を行う。その試合でレギュラーポジションを確立して、もう一度成長して、成長したみんなが集まって一つの強い代表チームになっていきたい」というメッセージを送ったという。

 いよいよ全ての出場チームも決まり、五輪本大会まであと4か月。次の代表活動は6月までブランクが空くが、選手たちにはその分だけレベルアップした姿を期待していた。

TOP