beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「絶対にこのチャンスをモノに」川崎F知念が復帰後初先発で初ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加

FW知念慶が復帰後初ゴール

[4.14 J1第19節 川崎F3-1福岡 等々力]

 復帰後初の先発起用に応えた。FW知念慶が今季初ゴールをマークし、開幕無敗を継続する川崎フロンターレの9勝目に貢献。「チームが負けていなくて、自分がスタメンの時に負けたらという不安もあった」と安堵の表情で振り返った。

  今季、一年間の大分へのレンタル移籍から復帰。知念が在籍した期間は4-2-3-1がベースだったが、チームは昨季から4-3-3を導入し、「いまの川崎FはFWの周りにシャドーがサポートに来てくれるので、うまく絡みながら、というのは意識していました」。前半から強烈なシュートでゴールを脅かし、最前線で体を張った。

 雷の影響で後半開始時刻が約20分後ろ倒しとなったが、1-1で迎えた後半10分、流れを決める貴重な勝ち越しゴールを奪った。こぼれ球に反応したMF遠野大弥が強烈な左足シュートを打つと、ゴール前の知念がコースを変え、ネットを揺らした。

「メンバー争いが激しくてなかなかチャンスが回ってこない中で、初めてスタメンのチャンスがもらえた。その中でゴールできたのはFWとして素直に嬉しい。絶対にこのチャンスをモノにするつもりで試合に臨んだので、安心しました」

 前節までの出場は4試合計27分にとどまっていた。FWレアンドロ・ダミアン、FW小林悠らとの定位置争いは熾烈だが、結果でアピール。鬼木達監督も「こういう悪条件の中で体を張ったプレーは相当、相手も嫌がったと思う。しっかり走る、突破、キープ、起点になるところ、いろんな面で彼の良さが出た。良い仕事をした」と目を細めた。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP