beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

絶好調ルキアンが豪快ヘッド2発! 磐田が敵地で相模原を退けて3連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

相模原ギオンスタジアムでの一戦は磐田が制した

[4.18 J2第8節 相模原1-2磐田 ギオンス]

 J2第8節が18日に行われ、ジュビロ磐田は敵地でSC相模原に2-1で競り勝った。3連勝を飾り、5勝3敗の勝ち点15で4位。敗れた相模原は1勝4分3敗の勝ち点7で18位となっている。

 試合は開始早々に動いた。前半5分、磐田MF松本昌也がPA左脇から左足でクロスを送ると、ゴール前に飛び込んだFWルキアンがヘディングシュート。豪快にネットを揺らし、ルキアンの4戦連発弾でアウェーチームが先制した。

 前半19分には左サイドでパスを受けた相模原MF舩木翔が左足でクロスを供給。ファーのFW藤本淳吾が頭で折り返し、DF大井健太郎に当たったボールをFWユーリが左足で蹴り込む。ユーリの2試合ぶりとなる今季2得点目が生まれ、相模原が1-1とゲームを振り出しに戻した。

 それでも磐田は後半29分に勝ち越しに成功。右サイドのMF大森晃太郎が左足でクロスを入れ、PA内中央のルキアンがDF白井達也に密着されながらも力強くヘディングで叩き込む。ルキアンはこれでチームトップの今季6ゴール目。2-1で逃げ切った磐田が3連勝を飾った一方、相模原は3戦ぶりの黒星で4試合勝ちなし(2分2敗)となった。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第8節2日目 スコア速報

TOP