beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プレミアリーグWEST]名古屋U-18対広島ユースは2-2のドロー!大津は磐田U-18に競り勝って無敗キープ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2021 WESTは25日、第4節の2試合を行った。

 開幕からともに2勝1分けと無敗で激突した名古屋グランパスU-18(愛知)とサンフレッチェ広島ユース(広島)の一戦は、名古屋U-18がストライカーのFW真鍋隼虎とMF佐藤大晴のゴールで2点を先行したものの、広島ユースも前半終了間際にMF越道草太が1点を返すと、後半にもMF高柳英二郎がリーグ5点目を沈め、2-2のドロー決着。

 こちらも無敗対決となった大津高(熊本)とジュビロ磐田U-18(静岡)のゲームは、大津が10番のキャプテンMF森田大智の先制点と、MF川口敦史の追加点で2点をリード。磐田U-18は1年生のFW後藤啓介が1点を奪うも、大津が2-1で勝ち切り、3戦無敗となった。


【第4節】
(4月25日)
[トヨタスポーツセンター(天然芝)]
名古屋グランパスU-18 2-2 サンフレッチェ広島ユース
[名]真鍋隼虎(3分) 、佐藤大晴(28分)
[広]越道草太(45+1分)、高柳英二郎(48分)

[大津町運動公園球技場(天然芝)]
大津高 2-1 ジュビロ磐田U-18
[大]森田大智(50分) 、川口敦史(61分)
[磐]後藤啓介(73分)

(未定)
[未定]
ヴィッセル神戸U-18 - サガン鳥栖U-18

[未定]
東福岡高 - セレッソ大阪U-18

[未定]
ガンバ大阪ユース - 京都サンガF.C.U-18


※日程はJFA参照


▼関連リンク
●高円宮杯プレミアリーグ2021特集

TOP