beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

「取り残されたくなかった…」欧州SL撤退のプレミア“ビッグ6”、謝罪した1クラブは…

このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州スーパーリーグに参加を発表していたプレミアリーグの6クラブが正式に撤退を表明した。各クラブが公式声明を出す中、アーセナルはその行動を謝罪している。

 欧州の有力クラブで構成される欧州スーパーリーグ構想が18日、正式に発表されたものの、各方面から批判が続出。20日にマンチェスター・シティが撤退を正式表明すると、アーセナル、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、チェルシーが続き、参加を発表していたプレミアリーグ“ビッグ6”は全クラブが欧州SLから撤退することになった。

 各クラブが「欧州スーパーリーグの計画を策定しているグループから徹底するための手続きを正式に行った」(マンチェスター・C)という旨の声明を発表する中、アーセナルはさらに今回の行動について謝罪をしている。

「スーパーリーグへ誘われたとき、保証がないと知りながらも、アーセナルとその未来を守るため、取り残されたくなかった。ここ数日、皆さんやサッカー関係者の声を聞いた結果、我々は欧州スーパーリーグから徹底することになりました。我々は過ちを犯した。そのことについて、お詫びします」

●ラ・リーガ2020-21特集

TOP