beacon

降格圏ウエスカが上位相手に金星! 岡崎は3試合ぶりに出番なし

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウエスカが上位を撃破

[5.1 ラ・リーガ第34節 ウエスカ1-0ソシエダ]

 FW岡崎慎司の所属するウエスカは1日、ラ・リーガ第34節でソシエダとホームで対戦し、1-0で完封勝利を収めた。ベンチスタートの岡崎は3試合ぶりに欠場。チームは4戦ぶりの白星で連敗を3で止めている。

 5位ソシエダを本拠地に迎えた19位ウエスカ。UEFAヨーロッパリーグ(EL)出場圏内に位置する上位を相手にスコアレスの時間が続いた中、後半42分に均衡を破る。

 左サイドでFKを獲得し、右キッカーのFWサンドロ・ラミレスがゴールへ向かう速いボールを蹴り込むと、ニアに飛び込んだ選手たちには当たらずにネットが揺れた。

 このまま1-0で逃げ切ったウエスカが金星を獲得。暫定で残留圏内の17位に浮上した。次節は8日に開催され、敵地でカディスと対決する。

●海外組ガイド
●ラ・リーガ2020-21特集

TOP