beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

生き残るために…三好康児「プレーで示していくのがすべて」

このエントリーをはてなブックマークに追加

U-24日本代表MF三好康児(アントワープ)

 与えられたことに全力で取り組むだけ――。オーバーエイジ、そして自身を含めた欧州組が集結した“最終選考”の場。U-24日本代表MF三好康児(アントワープ)が、残されたアピールの場となるジャマイカに向けて意気込みを示した。

 3日の日本代表戦(●0-3)に先発出場した三好。5日のU-24ガーナ代表戦(○6-0)では出場機会をつかめなかったものの、3月シリーズのアルゼンチン戦を含めて、「全てを出せているとは言えないけど、やれることはやってきていると思う」と思う、しかし、一方で「一番は結果の部分」と課題も口にしている。

「自分が出たA代表との試合に関しては、点が取れていないし、チャンスも作り出せなかったので、そこは満足していない。取り組む姿勢は見せられた部分はあると思うけど、結果というところでシビアに考えたら、まだまだ足りていない」

 東京五輪メンバー生き残りを賭けたサバイバルレースは、ついに最終章を迎える。この代表の常連メンバーの一人として、チームをけん引してきた三好ですら、“当確”のランプは灯っていない。

「立ち位置は、自分が現時点で評価できるものではない。まずはメンバーに入るためにプレーで示していくのがすべて」。五輪行きの切符を手にするためにも、ジャマイカ戦での完全燃焼を誓う。

(取材・文 折戸岳彦)
●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

TOP