beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

代役からヒーローに! 決勝T導く2ゴールのイタリアMFロカテッリ「ファンを幸せにするためにプレーしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2ゴールを決めたMFマヌエル・ロカテッリ

[6.16 EURO A組第2節 イタリア3-0スイス ローマ]

 イタリア代表のMFマヌエル・ロカテッリ(サッスオーロ)が16日、欧州選手権(EURO2020)のグループA第2節・スイス代表戦(○3-0)で2ゴールを挙げ、一番乗りでの決勝トーナメント進出に貢献した。試合後には欧州サッカー連盟(UEFA)によるスター・オブ・ザ・マッチに選出。UEFAテクニカル・オブザーバーのエステバン・カンビアッソ氏は「美しく重要な2つのゴールが、質の高いパフォーマンスを引き立てた」と称賛した。

 ロカテッリがプレーする左のインサイドハーフは当初、MFマルコ・ベッラッティ(パリSG)がファーストチョイスだったが、大会前に右膝を負傷。今大会のメンバー入りはしたものの、万全の状態ではなく、第1節・トルコ代表戦(○3-0)に続いて今節もロカテッリが同ポジションで先発起用された。

 前半24分にキャプテンのDFジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)が負傷交代し、嫌な雰囲気も漂う中、ロカテッリは同26分に自陣から右サイドのFWドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)に正確なロングパス。そのままゴール前にスプリントし、PA内右に切れ込んだベラルディからの折り返しを右足で蹴り込んだ。

 後半7分にはMFニコロ・バレッラ(インテル)のパスを受け、PA手前やや左から左足でシュート。GKヤン・ゾマー(ボルシアMG)が一歩も動けずにゴール右隅へ突き刺さり、2-0とする追加点を挙げた。ロカテッリは同41分に交代でお役御免。ピッチを退く際にはサポーターやベンチメンバーから大きな拍手を送られた。その後、同44分にFWチーロ・インモービレ(ラツィオ)の2戦連発弾で3-0としたイタリアは、無失点で2連勝。今大会最初のグループリーグ突破チームとなった。

 ロカテッリはスター・オブ・ザ・マッチ選出にあたり、UEFA公式サイトを通じて「この賞をとても誇りに思っている。チーム全体で分かち合いたい。最初のゴールは、私の家族のためだった。ベラルディにボールを渡した後、彼のことをよく知っているので、彼が何かするだろうと思ってアクションを続けた。2点目はイタリアのファンのためだった。私たちは彼らを再び幸せにするためにプレーしているんだ」と語っている。

 イタリアはEURO2020予選での10戦全勝を含め、これで29試合無敗。中心選手を欠いても代役が輝きを放つ。ロシアW杯予選敗退からの復権に向け、「イタリア強し」を再び印象づけた。

●EURO2020特集

TOP