beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

FC東京が秋田DF鈴木準弥の獲得を発表…清水ユースから早大主将、ドイツ移籍、J3優勝を経験した異色SB

このエントリーをはてなブックマークに追加

DF鈴木準弥がFC東京へ

 FC東京は24日、ブラウブリッツ秋田からDF鈴木準弥(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 鈴木は清水エスパルスユースを経て、早稲田大に進学。4年生時にはキャプテンを務め、さらにユニバーシアード日本代表としてユニバーシアード競技大会優勝も経験した。卒業後はドイツ3部のアーヘンに加入。19年に藤枝MYFCでプレーし、20年には秋田でJ3優勝とJ2昇格に貢献した。

 FC東京の公式サイトを通じ、鈴木は「FC東京という素晴らしいクラブでプレーする機会を与えていただきとても嬉しく思っています。チームの勝利の為に全身全霊をささげます」とコメントしている。

 一方、優勝を経験した秋田の公式サイトでは、「夏のタイミングでチームがなかなか勝てていない中ということもあり悩みましたが、J1のステージへの挑戦したい気持ちが強く、決断しました」と移籍の経緯を明かす。「この移籍はブラウブリッツ秋田があったからこそ実現しました。1年半という短い間でしたが、本当にありがとうございました。僕は秋田、ブラウブリッツ秋田が大好きです。移籍にあたって快く背中を押してくれたクラブの全ての皆様には感謝しかありません。J1の舞台で活躍し秋田の子供達の夢や希望となれるよう闘ってきます」と感謝と意気込みを伝えている。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2021シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP