beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

絶好調・堂安律が4戦連続ゴールで東京五輪へ!「1対1という結果には満足してもいいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

豪快先制弾を挙げたMF堂安律

[7.17 キリンチャレンジ杯 U-24日本 1-1 U-24スペイン ノエスタ]

 MF堂安律が圧巻の左足シュートでU-24スペイン代表のゴールを突き刺した。東京オリンピック開幕直前の試合で、U-24日本代表は優勝候補と引き分けてみせた。

 日本は前半42分、MF久保建英が左サイドを突破し、グラウンダーのクロス。走り込んだ堂安が左足ダイレクトで合わせ、ゴールに叩き込んだ。後半33分に失点を喫し、1-1のドロー。しかし、堂安のゴールは確かな手応えを感じさせた。

 堂安は試合後のフラッシュインタビューで「強豪国と試合できたのは大きかった」と振り返る。「力の差は感じましたし、この相手にボールを保持して試合を進めたいというのが選手の本音」と語りつつ「1対1という結果には満足してもいいんじゃないかなと思います」と評価した。

 自身の得点には「前半シュートがなかったので、1本を打っていこうという気持ちで打った」。前半終了間際の先制に「いいところで入ったと思います」と語った。

 いよいよ東京五輪が開幕。無観客試合となるが「スポーツの力を信じていますし、サッカーを通じて、勇気と感動を与えられるように頑張りたい」と意気込みを伝えた。
●東京オリンピック(東京五輪)特集ページ

TOP