beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[プリンスリーグ]鹿児島城西強し!首位決戦を7発大勝:九州5、6節

このエントリーをはてなブックマークに追加
 今秋の全日本ユース(U-18)選手権の出場権を懸けたJFAプリンスリーグ(U-18)九州は3日に1部第5節、4日に1部第6節を行った。4日にはともに5勝1敗の首位・鹿児島城西高(鹿児島)と同2位・大分U-18(大分)が激突。鹿児島城西高は前半だけで4ゴールを奪うなど大量7得点を奪い7-0で快勝。首位決戦を制した。
 また大津高(熊本)に4-1で勝った鵬翔高(宮崎)が4連勝で2位へ浮上している。

【1部】(第5節)
東海大五高 3-0 大津高
国見高 1-2 筑陽学園高
福岡U-18 4-2 鹿児島城西高
大分U-18 3-2 東福岡高
九州国際大付高 1-3 神村学園高
鵬翔高 2-2 佐賀東高

(第6節)
大分U-18 0-7 鹿児島城西高
福岡U-18 1-0 九州国際大付高
東海大五高 5-4 国見高
筑陽学園高 0-1 佐賀東高
東福岡高 1-0 神村学園高
鵬翔高 4-1 大津高

【1部主な順位】(第6節終了時点)
1.鹿児島城西高(15)+17
2.鵬翔高(13)+6
3.大分U-18(12)-1
4.佐賀東高(11)+4
5.福岡U-18(10)+1

3日、4日の他地区試合結果
東北
関東
北信越
東海
関西

(文 吉田太郎)

TOP