beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

浦和が国連の友と提携

このエントリーをはてなブックマークに追加
 浦和レッズは12日、「国連の友アジア-パシフィック(FOUNAP)」と提携することを発表した。
 「FOUNAP」とは、国連と民間部門の架け橋として国連の理念を世界に啓蒙する国連関連機関で、国連の友(本部・ニューヨーク)のアジア太平洋地区での活動を担う組織。今回のパートナーシップにより、浦和が「草の根国際交流」として07年から開始した「ハートフルサッカー in アジア(アジアの子どもたちとの交流活動であるサッカープログラム)」を手始めに提携活動を開始する。
 提携骨子、及び提携活動は以下の通り。

●提携の骨格
1.両者は09年の「ハートフルサッカー in アジア」をスタートに提携。
2.FOUNAPは「浦和の活動は平和の文化に資する貢献活動である」と評価する。
3.浦和は「国連の理念を啓蒙するFOUNAPの活動を支援」する。
4.提携を09年から開始し、中長期的な友好関係を構築していく努力を継続する。

●提携活動
1.提携のキャッチフレーズを「Culture Of Peace!CultureOfFootball!」として活動する。
2.浦和の「ハートフルサッカー in アジア」を両者共催とし、コーチウェアに国連マークをあしらったFOUNAPロゴを掲出するなど、提携を推進する。
3.浦和は、国連理念啓蒙を支援するための告知活動、募金募集活動の場(ホームゲーム試合会場)を提供する。
4.浦和は、国連の活動促進のため、FOUNAPに対し寄付を行う。
5.ほかの提携事業も検討のうえ、実施する。

(文 山口雄人)

TOP