beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

なでしこがコロンビア撃破!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1/21 BICENNTENIAL WOMAN`S CUP 2010第3戦]
なでしこジャパン 4-2 コロンビア

 21日、チリ遠征中の日本女子代表=なでしこジャパンは第3戦のコロンビア戦を迎えた。メンバーは初戦を中心にボランチには菅澤優衣香が入り、安藤梢高瀬愛実の2トップという布陣だ。第3戦で再び初戦のメンバーを起用することで、ここまでの合宿の成果を図ろうとする佐々木則夫監督。選手たちもその意図をしっかり理解して臨む戦いが始まった。

「若手のチームだったので入り方が大切だと思った」という安藤がいきなり魅せる。相手のクリアボールを川村優理がつなぐと、安藤が前を向くいい形で受ける。最後はきっちりとGKを確認して浮かし球でゴール。開始1分のことだった。続く6分、今度はCKのチャンス。再び安藤が押し込んで2点目。早い段階で得点を重ねる日本。

 対するコロンビアは、粘りのある球際と、ボールを奪取してからの素早い切り替えで勝負をかけるが、動き出しの早い日本の前に前半は動きを封じられる。日本はDFラインからの積極的な声がけもあり、全員が互いの動きを意識したプレーに集中。19分には日本の流れから菅澤がミドルシュートを放つがバーを直撃。跳ね返りを高瀬が拾ってシュート、一度は空振るも再度体勢を立て直してゴールに沈めた。苦笑しながら、安藤とハイタッチ。これで3-0となる。しかし、ロスタイムに裏へするりと抜け出したIngrid Vidalを須藤安紀子が阻止しようとした当たりでなんとPKを与えてしまう。GK海堀あゆみもよく反応したが、これをCarolina Ordonezに決められ、前半終了間際に1点を返されてハーフタイムへ。

 後半もメンバーはそのまま。修正をしてきたコロンビアに対し、日本は思うような展開に持ち込むことができない。落ち着かない立ち上がり50分、再びIngrid Vidalに突破を許し、一気にゴールまで持っていかれてしまう。これでリードはわずか1点。嫌なムードを断ち切ったのはPKを与えてしまった須藤だった。「どうすれば状況を変えることができるのかわからなくてイライラしていた」という須藤が頭で叩き込んだゴールで、決定打。ようやく落ち着いてきたところで、この試合の指揮官の“見極め”は終わった。最後は最終戦のスタメン対応のため、宮間あや、大野忍、中野真奈美が送り込まれたが、残り時間はわずか。結局そのままスコアは動かず、4-2で勝利を掴んだ。日本はここまで2勝1分。単独首位をキープして最終戦のアルゼンチン戦に臨む。以下、試合後のコメント。

●佐々木監督
「ハーフタイムにはやろうとしていることはこちらにもしっかりと伝わっているということは言いました。ただ、細かいパスが多すぎるのと、セーフティを選びすぎているということは指摘しました。流れが悪いのはそれはそれで、自分たちで耐えなさいということで交代なしで後半もいきました。若い選手たちにも東アジア選手権では戦ってもらわなければなりません。こういう試合でしっかりと経験を積んでもらわないと、こちらとしてもそんなに人材に余裕はないので・・・(苦笑)。でも前試合に比べたら、意図はしっかりとしてきています。まだ修正しなければいけないところはありますが、自分たちで考えて戦えていると思います。ここからですね」

●安藤梢
「前半は守備もみんな連動してできていたと思います。後半バラけてきたときに、ボールを取りきれないでまた相手ボールになって早い攻撃されちゃってという繰り返しでした。でもこれは試合が終わってからすぐにみんなで相手に合わせないでやれば回避できるというように話ができたのでよかったです。1点目はとにかくいい形でボールが来たので落ち着いて浮かしてみました。2点目はそれまでにもメグ(上尾野辺)から抜けてきそうな予感があったので、左で押し込みました。試合展開はまだイメージ通りというわけではないですが、一つになって戦えたとは思います。でもまだまだやれるはずです」

鮫島彩
「ここまで3戦に出させてもらっているんですが、まだまだですね。以前より、自分の中でパニくることは確かになくなってきましたが、まだ迷いながらって感じです。でも、少しずつですが、できることは増えてきているような実感はあります。まあできないことが多すぎたっていうのもあるんですけど(笑)。今は、そのたくさんある課題を少しずつ潰していってる状況です。とにかく、東アジア選手権も控えていますし、左サイドにはきょんさん(矢野)という大きな存在がいるので・・・、でもタイプが違うので自分としては攻撃の面をアピールしていくしかないと思ってます!」

●須藤安紀子
「後半はもうどうしたらボールが落ち着いてくれるのか、もうわかんなくなっちゃってて・・・だからあのゴールは自分の中でも吹っ切れましたね。ボールが来た瞬間に入る!って思いました。ここで決めてやる!って(笑)。今日はセットプレー、狙ってましたから。1戦目はあまり裏を狙ってこない展開だったので、対応しやすかったけど、今回はサイドバックの裏のスペースを狙ってくる動きが多かった。サイドがカバーに入るのでセンターバックはやっぱり一歩遅れでの対応になってしまってたと思います」

(取材・文 早草紀子)

<写真>安藤の先制ゴールの場面。ドイツ・ポツダムへの移籍が決まった安藤はこの日2ゴールの活躍を見せた

この日のNEWS

TOP