beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

なでしこが中国を下し6大会連続でW杯出場権を獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
 AFC女子アジアカップ2010中国に出場中の日本女子代表は30日、3位決定戦で中国と対戦し2-0で勝利した。この結果、来年ドイツで行われる女子W杯の出場権を獲得した。

 日本女子は6大会連続のW杯へ。日本協会の犬飼基昭会長はコメントを発表し「ワールドカップ6回連続出場は大変素晴らしいこと。海外の激しいリーグを経験している選手達が増えたことで、なでしこリーグで活躍している選手達にもいい影響を与え、チームとして強くなっていっていると思う。ワールドカップ本戦では日本中の女の子達が憧れるようなプレーを見せて欲しい」と称えた。


以下、日本協会発表の試合記録

2010年5月30日(日)
16:00キックオフ(現地時間)
@成都スポーツセンター(中国・成都)

なでしこジャパン2-0(前半1-0)中国女子代表

<得点経過>
1-0:18分安藤梢
2-0:62分澤穂希

<メンバー>
GK
海堀あゆみ(INAC神戸)
DF
岩清水梓(日テレ)
熊谷紗希(浦和)
MF
近賀ゆかり(日テレ)
鮫島彩(東京電力)
宮間あや(セントルイス・アスレティカ)
永里優季(1.FFCトゥルビーネ・ポツダム)
澤穂希(ワシントン・フリーダム)
宇津木瑠美(日テレ)
FW
安藤梢(FCR2001デュイスブルク)
64分→川澄奈穂美(INAC神戸)
山口麻美(アトランタ・ビート)

(文 近藤安弘)

TOP