beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[大学選手権]関西大が延長戦の末に中京大下し、43年ぶりV!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[1.5 全日本大学選手権決勝 中京大1-2関西大 国立]

 43年ぶりのV達成!! 第59回全日本大学サッカー選手権大会の決勝が5日に東京・国立競技場で行われた。中京大(東海2)と関西大(関西2)の一戦は、関西大がFW金園英学(4年)のゴールで先制するも、後半終了間際に中京大がFW中村亮太(2年)の直接FKで同点に追いつき、15分ハーフの延長戦に突入。延長後半に関西大のFW奥田勇太(1年)がヘディングシュートから決勝弾を叩き込み、関西大が2-1で勝利した。関西勢のインカレ制覇は1985年大会以来15年ぶりのこととなった。

 試合は前半19分、関西大が先制点を決めた。来季の川崎F入団が内定しているDF田中雄大(4年)の左クロスに金園が合わせて、高い打点から叩き込んだ。頭ひとつ抜け出す豪快なヘディングシュートはゴールネットを揺らした。

 その後は互いにチャンスの連続。中京大は、FW斉藤和樹(4年)らが果敢にドリブル突破から好機を作るが、1点が奪えない。ここまで3戦連発のFW藤牧祥吾(3年)も決定的な場面が作れないまま時間は過ぎていった。

 関西大も、金園のシュートがわずかにクロスバー上方へ外れるなど追加点はならず。そのまま序盤に生まれた虎の子1点を守りきり、関西大が逃げ切るかと思われた。

 しかし後半ロスタイム4分、迎えたラストプレー。藤牧が倒されて獲得したゴール正面でのFKを途中出場のMF中村亮太(2年)が右足で直接突き刺し、土壇場で同点に追いついた。

 そして迎えた15分ハーフの延長戦。延長後半10分、DF櫻内渚(3年)のパスに抜け出したFW安藤大介(2年)が右クロス。これにFW奥田勇太(1年)が頭で合わせて決勝弾。延長前半ロスタイムに送り込まれた奥田が結果で応えた。そのまま逃げ切った関西大が1967年度大会以来の優勝を飾った。

[写真]ゴールを喜ぶ関西大

(取材・文 片岡涼)
第59回大学選手権特集

TOP