beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[ユニバ]GK高木駿(明治大)「明治の代表として誇りを背負ってきている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 第26回ユニバーシアード競技大会が8月11日に中国・深センで開幕します。前回大会では3位だった全日本大学選抜ですが、今大会の目標は「優勝」。昨秋のアジア競技大会ではU-21日本代表の一員としてアジアを制したMF山村和也やDF比嘉祐介、GK増田卓也、FW富山貴光らタレント揃いの全日本大学選抜がいよいよ世界に挑みます。ゲキサカでは全日本大学選抜のユニバーシアード代表メンバー全選手のインタビューを掲載します。

 第4回目はGK高木駿(明治大4年=東京Vユース)選手です。昨季は明治大の正守護神として堅守を支え、関東大学リーグの制覇に大きく貢献。また全日本大学選抜の立ち上げ時から、常に招集され続けているユニバ代表の不動の2大GKの一人です。U-22代表GKの増田選手とのポジション争いを続けながら切磋琢磨し、本大会メンバー入りを果たしました。年間を通じての安定したパフォーマンスや的確なコーチングは世界でも十二分に戦えるだけの力がある選手です。高木選手の今大会へ向けての意気込みは?

―総理大臣杯での悔しい敗戦があって、ユニバーシアードに臨む形になりました。
「いい意味で切り替えて。大臣杯は不本意な結果だったので、少し休んでしっかりとリセットできたと思います。大きい大会に挑めるということで、自分のなかでは大臣杯のリベンジという感じでもありますし、大きな世界大会の経験もあまりないので楽しみにしています。海外のチーム相手に自分がどれだけ通用するのかというのも楽しみにしています」

―夏に予定されていた川崎Fの練習参加はどうだったか?
「これまで2、3回しか練習参加はしていないのですが、最近は行っていません。今後ユニバが終わったら行く予定です。強化の方から、練習でのプレーよりも、実践でプレーしているところを(チームに)見せたいと言って頂いて、練習試合でビルドアップに参加するとか、コーチングをみせたいということなので。ユニバが終わってから、練習試合などの実戦の場に呼んで頂けるようです」

―ユニバは中1日での6連戦という過密日程だが?
「僕的には今のところ、2番手のGKという位置づけにいます。連戦によって色々な人を試合に出すというような流れになっているので、僕としてはありがたいという気持ちです」

―大会へ向けてのモチベーションは?
「ずっと全日本大学選抜には呼んでもらっているので、その辺は自信にしているし。しっかりとやらないといけないという責任感もあります。明治の代表として大学の誇りを背負ってきているので、こんなところでくじけていてはいけないんだという強い気持ちで臨みたいです」

―個人的に世界相手に勝負したい部分はありますか?
「海外の大きい相手に対して、クロスの部分やハイボールをタイミング良く勝てることができるかとか。そこは自分がプロになっても大事な部分だと思うので。大きい相手に空中戦で勝つかなど、そういう部分でチャレンジしたいと思います」

―改めて、ユニバへ向けての意気込みは?
「日本のチームとしては、絶対に金メダルを獲らないといけないと思っています。これまで自分たちは強いチームとあまり試合をしていないので、正直どこまでできるのかは未知数だと思っています。これまでの試合では、ほとんど自分たちのペースで試合を進めているし。落ち着いてボールを運んでの試合が多い気がしている。本当に緊迫したゲームになったら、どういう結果になるのかとか、そういう部分も含めて大会が本当に楽しみです。絶対に金メダルを獲って帰らないといけないという部分は、みんな強くあると思います」

(取材・文 片岡涼)
▼関連リンク
ユニバーシアード2011特集ページ

TOP