beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大会概要

このエントリーをはてなブックマークに追加
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は、過去に行われてきたアジアクラブ選手権、アジアカップウィナーズカップ、アジアスーパーカップの3大会を統合する形で02-03シーズンより発足された。05年シーズンからは優勝チームが年末に行われるFIFAクラブW杯の出場権を得られるようになり、07年には浦和、08年にはG大阪がそれぞれACLを制し、クラブW杯でも3位に入った。

 09年大会からは大会規模が拡大され、参加チームも29チームから32チームに増加。前年優勝枠はなくなり、参加全32チームが4チームずつ8組に分かれてグループリーグを戦う現行方式に変更された。

 グループリーグの各組上位2チームが決勝ラウンドに進出※(順位決定方法)。決勝トーナメント1回戦はグループリーグ1位チームのホームで一発勝負で行われる。準々決勝と準決勝はホーム&アウェーの2試合トータルで争われ(準々決勝・準決勝ではアウェーゴールを適用)、決勝はどちらかのホームで一発勝負(会場は抽選で決定)となる。

 2012年のACLには日本から4チームが参加。昨季のリーグ戦上位3チーム(柏、名古屋、G大阪)と天皇杯優勝チーム(F東京)が出場する。

 優勝チームには、12年12月に日本で開催されるFIFAクラブW杯への出場権が与えられる。

☆各グループ内で2チーム以上が同一勝ち点だった場合の順位決定法は以下のとおり
1.当該チーム間の勝ち点
2.当該チーム間の得失点差(アウェーゴールは適用外)
3.当該チーム間の総得点(アウェーゴールは適用外)
4.グループリーグ全体での得失点差
5.グループリーグ全体での総得点
6.当該チームが2チームのみで、グループ最終節が当該2チーム間の試合の場合、その場でPK戦
7.グループリーグ全体での警告ポイント
8.抽選


▼関連リンク
ACL2012特設ページ

TOP