beacon

森保監督、チーム離脱した伊東純也の状態を説明「彼を過剰に追い込むことは控えて頂きたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本代表森保一監督

 アジアカップを戦う日本代表森保一監督が2日、準々決勝イラン戦の前日会見に出席し、性加害疑惑が報じられた影響でチームを離脱したMF伊東純也(スタッド・ランス)に言及した。報道陣に「彼を過剰に追い込むことは控えていただきたい」と呼びかけた上で、日本代表だけでなく大会全体に与える影響にも踏み込み、現状を訴えた。

 森保監督は質疑応答の冒頭で伊東の離脱について問われ、「できれば伊東選手、純也とはこの大会を最後まで優勝を目指して戦いたい気持ちを持っていた。ただ協議をした中で本人の意思もあり、離脱という判断をJFA(日本サッカー協会)がしたところ、(監督自身も)同意して明日の試合で彼は我々と共に戦わず、離脱ということになった」と経緯を説明した。

 その上で「もちろんチームのこれまでの勝利、戦いに貢献してくれた選手なので、痛く、残念な思いはあるが、まずは本人の心身の健康を大切に考えたい」と強調。「チームの影響としては誰かがいなくなったからチームが機能しないというチームづくりはしていない。残った素晴らしい選手たちがいるので、イラン戦に臨める選手たちが思い切って戦えることについて全く心配していない」と自信を示した。

 森保監督は伊東とのコミュニケーションを取った上で、「健康だということに関しては話をできている状態だが、サッカーをハイインテンシティの中で戦っていくというメンタルの状態ではないと思っている」と現状を説明。「そこに関しては最大限サポートしていきたいと思うし、彼が少しでも早くトップトップのパフォーマンスができるように見守っていきたい」とサポートを誓った。

 またJFA広報担当者の英語通訳に続き、さらに言葉を加えた森保監督は「またメディアの皆さんには、疑惑ということで彼を過剰に追い込むことは控えていただきたいと思います」と過熱する報道を抑止。最後に「彼はアジアでも本当に素晴らしい選手でいる中、プレーできないことはアジアのサッカーの発展にも響くことだと思う。アジアのサッカーを見てくださる方々、明日の日本対イラン、素晴らしい戦いの中で、世界のトップ基準で戦える選手がいなくなることを非常に残念に思うし、彼がまたアジアの選手として世界で戦えるプレーを見せてくれることを一緒に応援していただければと思う」と公の場で訴えた。

(取材・文 竹内達也)

●AFCアジアカップ2023特集
▶久保・三笘・冨安らが参戦!CL・EL決勝トーナメント全試合見るならWOWOWで!

「ゲキサカ」ショート動画

TOP