beacon

徳島が2試合ぶり勝利でランクアップ! 町田は6戦未勝利で6位に後退

このエントリーをはてなブックマークに追加
[5.1 J2第13節 町田 0-2 徳島 Gスタ]

 J2リーグは1日に各地で第13節を開催した。5位FC町田ゼルビアのホームで行われた17位徳島ヴォルティスとの試合は、2-0で徳島が勝利。敵地で勝ち点3を積み上げ、暫定で11位に浮上している。町田は6戦未勝利で6位に順位を落とした。

 ここ5試合勝利のない町田と2試合ぶりの白星を目指す徳島の一戦は前半14分、左サイドでボールを受けた徳島FW杉森考起がピッチ中央にドリブルで切り込み右足を振り抜く。ボックス前から放たれた強烈なシュートは、GK福井光輝が落ち着いてセーブ。ゴールを割らせない。

 対する町田も前半20分、右サイドでボールを受けたMF翁長聖がカットインから左足でシュート。ゴール手前でバウンドしたボールはGKホセ・アウレリオ・スアレスがうまく対応し、外に弾き出した。

 前半は雨が降る難しいコンディションの中、両守護神の好プレーが光り、スコアレスで後半へと折り返す。ホームで勝利が欲しい町田は、後半開始直後に攻勢を強めた。

 後半2分、ペナルティーエリア内左でボールを受けたDF深津康太が相手を1枚交わしてゴール前に浮き球を送ると、MF翁長聖がダイレクトシュート。しかし、ここはクロスバーに弾かれ、先制とはならない。

 立て続けに攻め込まれた徳島だが、徐々にボールを握ると、後半16分にスコアを動かした。杉森が左サイドからドリブルでボックス内に侵入すると、ニアサイドのFWムシャガ・バケンガに横パス。バケンガのシュートは福井に防がれたが、そのボールがファーサイドに流れると、フリーとなっていたFW坪井清志郎が押し込んだ。

 1点を追う町田は後半23分、ボックス内右からFWヴィニシウス・アラウージョが鋭いクロス。そのボールにMF太田修介がスライディングで合わせにいったが、あと一歩届かなかった。

 すると、徳島が追加点。後半28分、右サイド深い位置でのスローインの流れから、ボックス内でボールを受けたDF新井直人が左足を振り抜くと、町田のMF佐野海舟に当たり、高く浮き上がったボールが福井の頭を越してゴールに吸い込まれていった。

 その後、反撃を試みた町田だったが、ゴールネットを揺らすには至らず。徳島が2-0で勝利し、2試合ぶりの白星を飾った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2022シーズンJリーグ特集ページ
●DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

TOP