beacon

エースストライカーに待望の初ゴール! 細谷真大の後半AT弾で柏が湘南に逆転勝利

このエントリーをはてなブックマークに追加

柏はFW細谷真大の決勝点で5試合ぶりの勝利

[5.15 J1第14節 柏 2-1 湘南 三協F柏]

 15日、三協フロンテア柏スタジアムでJ1第14節が行われ、柏レイソル湘南ベルマーレが対戦。途中出場の湘南FW福田翔生が先制点を挙げる。それでも柏は、FW木下康介とFW細谷真大がゴールを決めて逆転勝利をおさめた。

 FC東京と撃ち合いの末に3-3で引き分けて、連敗を2で止めた柏。FC東京戦の先発からは1選手を変更し、同試合でゴールを決めていたMF島村拓弥はベンチスタートに。MF戸嶋祥郎が2試合ぶりに先発に復帰した。

 前節・町田戦で今季初の無失点で勝ち点1を獲得した湘南は、町田戦の先発から2選手を変更。累積による出場停止中のMF田中聡に代えて、アンカーには2試合ぶりにMF茨田陽生を起用し、福田に代わってFW鈴木章斗が6試合ぶりにスタメンに戻った。[スタメン&布陣]

 最初の決定機をつくったのは、アウェー湘南だった。3バック中央のDFキム・ミンテが自陣から相手の背後へ長いボールを入れる。追いついたDF畑大雅は、正確なボールコントロールからPAに進入すると、左足で強烈なシュートを見舞うが、GK松本健太の好セーブに阻まれる。

 さらに26分、オーバーラップしたDF大野和成が左サイドからゴール前へ。DF犬飼智也が処理したこぼれ球をMF平岡大陽が右足で狙ったが、これもGK松本にセーブされてしまった。

 柏はエースストライカーの細谷がチャンスを創出。22分にはMF池田昌生のバックパスをひろってPA内でシュートまで持ち込むも、キム・ミンテにブロックされてしまう。続く33分、DF関根大輝のクロスにヘディングで合わせたが、枠をとらえることはできなかった。

 前半38分には再び湘南に好機が訪れる。MF阿部浩之の左CKは柏DFにはね返されるが、こぼれ球をひろった池田が阿部に戻すと、阿部のクロスから鈴木章がヘディングシュートを放ったが、GK松本の正面を突いてしまう。

 前半終了間際には、FWマテウス・サヴィオのFKから飛び込んだFW細谷真大が頭で合わせる。しかし、シュートはゴールポストに嫌われてしまった。

 湘南はハーフタイムに鈴木章に代えて福田をピッチに送り込んだ。すると4分、柏のCKをしのいでカウンターに出ると、福田が持ち上がって左サイドの阿部に預ける。阿部のクロスを受けた福田がGKとの1対1を迎えるが、シュートはゴールポストの左にそれてしまった。

 押し込まれる展開が続く柏は、最初の交代を敢行、FW小屋松知哉とMF白井永地を下げて、木下と島村を投入。左SHの戸嶋をボランチに下げた。

 続くチャンスも湘南が迎える。16分、左サイドからパスをつないで逆サイドまで展開すると、池田のスルーパスからMF鈴木雄斗がPA内で右足を振り抜く。しかし、シュートはGK松本が好セーブでゴールを許さない。

 両チームともに交代のカードを切り、柏は関根に代えてDF川口尚紀を投入、湘南は3枚を一気に代えて阿部、平岡、MF茨田陽生を下げて、FWルキアン、MF山田直輝、MF奥野耕平をピッチに送った。

 試合が動いたのは、28分だった。畑が中央にドリブルをして右サイドの池田に展開。池田はPA内でタメをつくってマイナスのボールを中央へ入れると、走り込んだ福田が右足で流し込んで均衡をやぶった。

 先制を許した柏だが、すぐさま反撃に出る。32分、右サイドから中央にパスをつないでいくと、マテウス・サヴィオのスルーパスに抜け出した細谷が中央へ。最後は木下が押し込んでスコアは1-1となった。

 後半44分には福田が危険なファウルをしたとして一発退場に。直後の後半アディショナルタイム1分、島村のクロスを細谷がトラップでおさめると、右足を一閃。これがゴールネットを揺らして、柏が試合をひっくり返した。

 6分と表示されたアディショナルタイムではスコアは動かず。柏が5試合ぶりの勝ち点3を獲得。湘南は3試合ぶりの黒星を喫した。

(取材・文 奥山典幸)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2024シーズンJリーグ特集

データ提供:Opta
※大会の公式記録と異なる場合があります
奥山典幸
Text by 奥山典幸

TOP