beacon

筑波大新入部員発表!ともにU-19代表候補のMF山崎&GK佐藤、クラセンMVP・MF加藤、CB諏訪間、SB安藤、MF佐野が進学

このエントリーをはてなブックマークに追加

選手権で大活躍したGK佐藤瑠星(大津高)は筑波大へ進学する。(写真協力=高校サッカー年鑑)

 関東大学1部リーグの名門で、近年も日本代表MF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズ)ら名手を輩出している筑波大が22年の入部予定選手を発表した(協力=関東大学サッカー連盟、筑波大)。

 高校年代のトッププレーヤーたちが進学する。横浜FCユース(神奈川)の10番でU-19日本代表候補のMF山崎太新は、年代別日本代表常連のドリブラー。鋭い仕掛け、抜け出しからゴールを奪い取る。GK佐藤瑠星(大津高)は同じくU-19日本代表候補。今冬の全国高校選手権で安定感の高さとビッグセーブを見せ、大津を初の決勝進出、準優勝へ導いた。

 名古屋グランパスU-18(愛知)のMF加藤玄主将は昨年の日本クラブユース選手権(U-18)でチームを優勝へ導き、大会MVPにも選出された。ボランチ、CBでもチームを安定させる力を持つ。CB諏訪間幸成(横浜F・マリノスユース)は昨年、U-18日本代表候補に選出されている強靭なストッパー。セットプレーからの豪快ヘッドでゴールも決める。

 DF安藤寿岐は主将としてサガン鳥栖U-18(佐賀)をプレーでも、声でも引っ張ったチームリーダー。SB、CB、ボランチも務める万能型は2種登録選手としてルヴァンカップでベンチ入りも経験している。MF佐野健友は静岡県下有数の進学校・清水東高の理数科出身。伝統校の主将も務め、チームをインターハイ予選決勝へ導いた文武両道のドリブラーも筑波大へ進学する。

以下、筑波大の入部予定選手
▼GK
佐藤瑠星(大津高)
▼DF
諏訪間幸成(横浜F・マリノスユース)
安藤寿岐(サガン鳥栖U-18)
▼MF
加藤玄(名古屋グランパスU-18)
佐野健友(清水東高)
山崎太新(横浜FCユース)

※関東大学サッカー連盟の協力により、同オフィシャルサイト(http://www.jufa-kanto.jp/)で発表されたリストを随時掲載致します。なお、現時点での入部予定者となります。事情により、実際には入部しない場合もあります。また大学によっては一般入学等によって、リスト以外の新入部員が加わる場合もあります。

「ゲキサカ」ショート動画

TOP