beacon

決めたのはバラン!! ウルブスをホームに迎えたマンU、苦しみながらも白星発進

このエントリーをはてなブックマークに追加

決勝点を叩き込んだDFラファエル・バラン

[8.14 プレミアリーグ第1節 マンチェスター・U 1-0 ウォルバーハンプトン]

 プレミアリーグは14日、第1節4日目を開催し、ウォルバーハンプトンをホームに迎えたマンチェスター・ユナイテッドが1-0の完封勝利を収め、白星スタートを成功させた。

 マンチェスター・Uは今季加入したMFメイソン・マウントやGKアンドレ・オナナが先発起用された他、19歳MFのアレハンドロ・ガルナチョもスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半26分にゴールに迫ったのはアウェーのウルブスだった。自陣でボールを受けたFWマテウス・クーニャが、寄せてくるマンチェスター・Uの選手をかわし、一気に敵陣PA付近まで運んでラストパス。しかし、MFパブロ・サラビアが左足で放ったシュートはゴール右に外れた。さらに33分には最終ライン裏を突いてPA内に侵入したクーニャが右足で狙うも、枠を捉え切れなかった。

 0-0のまま後半を迎えると、開始早々の4分、またもやウルブスに好機。右サイドのサラビアが送ったラストパスの流れからクーニャが右足のシュートを放つが、これはポストに弾かれてしまう。

 その後もウルブスがカウンターからゴールを脅かす場面がありながらも、マンチェスター・Uはオナナのセーブなどで得点を許さずに試合を進めると、31分に先制点を奪取する。MFブルーノ・フェルナンデスの浮き球のパスからPA内に走り込んだDFアーロン・ワン・ビサカのラストパスをDFラファエル・バランがヘディングで叩き込み、スコアを1-0とした。

 その後、マンチェスター・Uに追加点こそ生まれなかったものの、ウルブスの反撃を許さずに逃げ切って1-0の完封勝利を収めた。

●プレミアリーグ2023-24特集

TOP