beacon

久保建英は今季初の温存もソシエダ今季初連勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーミングアップをするMF久保建英

[9.27 ラ・リーガ第7節 バレンシア 0-1 ソシエダ]

 ラ・リーガは27日、第7節を各地で行い、MF久保建英所属のソシエダバレンシアに1-0で勝利した。前節のヘタフェ戦(○4-3)で今季4ゴール目を決めた久保は、過密日程のため今季初めて先発を外れ、そのまま最後まで出番なし。それでもチームは相手の退場者による数的優位を活かし、今季初の連勝を果たした。

 久保は今季の開幕節からラ・リーガ6試合、UEFAチャンピオンズリーグ1試合の公式戦全7試合に先発出場。前節から中2日での平日開催となったこの日、ようやくコンディションに配慮されてベンチでキックオフを迎えた。

 ソシエダは立ち上がりからバレンシアにボールを握られる苦しい展開。だが、MFハビ・ゲラのミドルシュートが枠を外れるなど持ちこたえると、前半32分にスーパーゴールで先制点を奪った。中盤で獲得したFKをDFキーラン・ティアニーが素早く縦につけ、受けたFWカルロス・フェルナンデスが華麗なターンから右足一閃。豪快なシュートを突き刺した。

 さらに前半45分、バレンシアのMFセリム・アマラーがソシエダのFWミケル・オヤルサバルとの競り合いで2枚目のイエローカードを受け、前半のうちに退場。流れは一気にソシエダに傾いていった。後半はソシエダが次々に選手交代を行い、27分までに交代カードを全て使用。久保の出番はなくなった。それでも無事に試合を締め、ようやく今季初の連勝を収めた。

●ラ・リーガ2023-24特集
●海外組ガイド
▶久保建英、三笘薫らが欧州での戦いに挑む!CL&ELはWOWOWで放送・配信!無料トライアルも実施中!
ゲキサカ編集部
Text by ゲキサカ編集部

TOP