beacon
TOP > PICK UP記事詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
スペイン代表
(11大会連続15回目)

■ロシアW杯日程
06/15 △3-3 ポルトガル [ソチ]
06/20 ○1-0 イラン [カザン]
06/25 △2-2 モロッコ [カリーニングラード]
07/01 ●1-1(PK3-4) ロシア [モスクワ/ルジニキ]
★2018W杯ロシア大会特集ページ

■スペイン代表最新メンバー※18/6/4発表
(ロシアW杯メンバー)

▽GK
1 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
13 ケパ・アリサバラガ(ビルバオ)
23 ペペ・レイナ(ナポリ)

▽DF
2 ダニエル・カルバハル(R・マドリー)
3 ジェラール・ピケ(バルセロナ)
4 ナチョ・フェルナンデス(R・マドリー)
12 アルバロ・オドリオソラ(ソシエダ)
14 セサル・アスピリクエタ(チェルシー)
15 セルヒオ・ラモス(R・マドリー)
16 ナチョ・モンレアル(アーセナル)
18 ジョルディ・アルバ(バルセロナ)

▽MF
5 セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
6 アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
7 サウール・ニゲス(A・マドリー)
8 コケ(A・マドリー)
10 チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)
20 マルコ・アセンシオ(R・マドリー)
22 イスコ(R・マドリー)

▽FW
9 ロドリゴ・モレノ(バレンシア)
11 ルーカス・バスケス(R・マドリー)
17 イアゴ・アスパス(セルタ)
19 ジエゴ・コスタ(A・マドリー)
21 ダビド・シルバ(マンチェスター・C)

■監督
フェルナンド・イエロ
(スペイン)1968.3.23

■スペイン代表チーム紹介
 “W杯の神様”も予想していなかったに違いない。グループリーグ初戦のポルトガル戦を2日後に控えた6月13日、スペインサッカー連盟(RFEF)はフレン・ロペテギ氏を電撃解任。2020年まで契約を延長したばかりだったが、ロペテギ氏は前日12日、大会後にレアル・マドリーの指揮官に就任することがクラブから発表されていた。これにRFEFが大きな不信感を抱き、解任に踏み切ったようだ。開幕前日の監督交代は極めて異例。後任は同代表のスポーツディレクターだったフェルナンド・イエロ氏が務める。ロペテギ前監督体制では欧州予選を9勝1分と圧倒的な強さで首位通過し、就任後20試合無敗(14勝6分)。パスワーク主体の攻撃サッカーに磨きをかけ、2014年ブラジルW杯(グループリーグ敗退)、EURO2016(ベスト16)で味わった2度の失意から見事に完全復活を遂げていた。成績不振による解任ではなく、選手たちにも動揺が広がる中、イエロ新監督はどのようにチームを率いるのか。優勝への航路は視界良好と思われた“無敵艦隊”。新たな船長の下、一転して未知なる大海原へ繰り出すことになった。

■スペイン代表チームデータ
W杯過去最高成績:優勝1回(2010年)
EURO過去最高成績:優勝3回(1964、2008、2012年)

■スペイン代表の過去のW杯成績
1930年:(不参加)
1934年:ベスト8
1938年:(不参加)
1950年:4位
1954年:(予選敗退)
1968年:(予選敗退)
1962年:グループリーグ敗退
1966年:グループリーグ敗退
1970年:(予選敗退)
1974年:(予選敗退)
1978年:グループリーグ敗退
1982年:2次リーグ敗退
1986年:ベスト8
1990年:ベスト16
1994年:ベスト8
1998年:グループリーグ敗退
2002年:ベスト8
2006年:ベスト16
2010年:優勝(★大会メンバーリスト)
2014年:グループリーグ敗退(★大会メンバーリスト)

■スペイン代表の過去のEURO本大会成績
1960年:(予選敗退)
1964年:優勝
1968年:(予選敗退)
1972年:(予選敗退)
1976年:(予選敗退)
1980年:ベスト8
1984年:準優勝
1988年:グループリーグ敗退
1992年:(予選敗退)
1996年:ベスト8
2000年:ベスト8
2004年:グループリーグ敗退
2008年:優勝
2012年:優勝(★大会メンバーリスト)
2016年:ベスト16(★大会メンバーリスト)

TOP