実力派多数の福岡大新入部員、長崎総附GK梶原、大津DF大島、九国大付MF森、DF磯谷ら

U-16日本代表候補歴を持つGK梶原駿哉(長崎総合科学大附高)

 九州の名門、福岡大が、21年度の入部予定選手を発表した(協力=福岡大、College Soccer Central)。

 九州地区を中心に今年もポテンシャルを秘めた選手たちが加入する。U-16日本代表候補歴を持つGK梶原駿哉(長崎総合科学大附高)は九州屈指の守護神。187cmの長身を活かしたシュートストップやハイボールへの対応が特長だ。スーパープリンスリーグ九州アシスト王の左WB大島清(大津高)は、パンチのある左足シュートも注目。九州国際大付高(福岡)からはいずれも評判の高かった実力派ボランチのMF森喜大主将と俊足の大型左SB磯谷駿が進学する。

 高体連からは2年時のインターハイで西京高(山口)の全国8強に貢献した技巧派MF前田唯翔や危機察知能力の高さで長崎総合科学大附高(長崎)を支えたMF田中翼、得点もチャンスメークする力も備えたFW吉田竜樹(立正大淞南高)、アイディアある仕掛けやパスが特長の10番FW須賀大貴(岡山学芸館高)、鋭いドリブル、シュートが魅力のエースFW松尾亮汰とシュートセーブ秀でたGK又吉春太(ともに龍谷高)、攻撃センス高いMF荒木慶翔(大津高)、抜群のスピードを持つMF岸本大雅(玉野光南高)、ゴール前での存在感ある長身GK中野翔(秀岳館高)、大阪16強・大阪偕星学園高のDF土居恵仁、系列校・福岡大大濠高(福岡)のGK蔵元勇翔もリストに名を連ねている。

 Jクラブユースからは日本クラブユース選手権(U-18)大会を制したサガン鳥栖U-18で先発出場もしていた右SB橋本悠と推進力のあるDF末次颯(サンフレッチェ広島ユース)、そして185cmの長身を持つ大型FW藤本翔(V・ファーレン長崎U-18)が福大へ進む。

以下、福岡大の入部予定選手
▼GK
梶原駿哉(長崎総合科学大附高)
中野翔(秀岳館高)
蔵元勇翔(福岡大大濠高)
又吉春太(龍谷高)
▼DF
磯谷駿(九州国際大付高)
末次颯(サンフレッチェ広島ユース)
大島清(大津高)
橋本悠(サガン鳥栖U-18)
前田唯翔(西京高)
土居恵仁(大阪偕星学園高)
▼MF
森喜大(九州国際大付高)
田中翼(長崎総合科学大附高)
岸本大雅(玉野光南高)
荒木慶翔(大津高)
▼FW
須賀大貴(岡山学芸館高)
藤本翔(V・ファーレン長崎U-18)
吉田竜樹(立正大淞南高)
松尾亮汰(龍谷高)

※各大学の入部予定選手は指定校推薦、AO入試、附属系列校、一般入試等によって増える可能性あり。新たな入部者情報は発表後に追記予定。
▼関連リンク※別サイトへ移動します
College Soccer Central