beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

メッシばりの4人抜きで魅せるも、横浜FM齋藤「代表よりマリノス」

このエントリーをはてなブックマークに追加
[7.13 J1第16節 横浜FM2-1大宮 日産ス]

 横浜のスピードスターが魅せた、圧巻の個人技だった。MF齋藤学がMF富澤清太郎からのパスを受けたとき、目の前にはリーグ最少失点を誇る大宮アルディージャのDF陣は揃っていた。それでも、右サイドから中央に向けてドリブルを開始すると、スピードで左SBのDF村上和弘とCBのDF高橋祥平を置き去りにした。もう一人のCBのDF菊地光将のタックルもかわすと、菊池と右SBDF今井智基の間のスペースを突破。目の前に残る敵は、GK北野貴之だけ。丁寧に流し込んだシュートが、この日の決勝点となった。

「(何人抜いたか)覚えてなかったです。4人も抜いたんだっていう(笑)」。開幕の湘南戦(4-2)以来のゴールに「やっと1点取れた」と安堵の表情を見せた齋藤。かつて“愛媛のメッシ”の異名をとっていたスピードスターは、ゴールのカタチよりも、ゴールという結果に手応えを感じていた。

 自身のドリブルシュートの前、FWマルキーニョスの先制点をアシストしたのも齋藤だった。右サイドから上げたクロスは、美しい弧を描いてマルキーニョスの頭にピタリと合った。「マルキ(ーニョス)の動き出しが見えたので。(中村)俊さんとも『ファーにふわりと浮かすのも手じゃない?』と話していて。イメージ通り」。俊輔顔負けのピンポイントクロスで、ヘディング弾を呼び込んだ。

 左の攻撃的MFを務めた齋藤が対峙したのは、大宮の右SBであり同級生でもある今井。「最初で上手く裏を突いちゃえば恐くないと思った」。売り出し中のサイドバックを相手に、90分を通してサイドでの主導権を握り、得点にはつながらなかったが何度もサイドからチャンスをつくった。

「(日本代表は)そんなに意識してないです。代表どうこうというよりは、いまマリノスでどれだけできるか。俊さんとか(中澤)佑二さんとか、経験豊富な選手がいるので、そういう中で認められていくのも大事かなと」。15日に発表される予定の日本代表メンバー入りよりも、チームで結果を残すことを優先していると齋藤は言う。

 中断明けの4連戦、3戦目にして初めて手に入れた勝ち点3。「この2試合勝てなかったので、あと2試合勝つしかない」(齋藤)と臨んだ首位大宮との決戦に勝利した横浜FM。次節の対戦は、2位浦和だ。

(取材・文 奥山典幸)

TOP