beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[Fリーグ]府中FP前田が退団「また府中のユニフォームに袖を通せる日がくることを…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
 Fリーグの府中アスレティックFCは、元日本代表FP前田喜史の退団を発表した。昨シーズン、府中をプレーオフ進出に導く立役者となった前田だが、今季はケガに苦しみピッチに立つことができなかった。クラブから発表されたコメントからも、その無念さが強く伝わってくる。

 以下、前田選手プロフィールおよびコメント
●前田 喜史
まえだ よしふみ
■生年月日
1977年4月25日
■年齢
36歳
■出身地
東京都府中市
■身長/体重
177cm/69kg
■ポジション
FP
■コメント
「このたび、私前田喜史は、一身上の都合により府中アスレティックFCを退団することになりました。昨シーズン、『故郷のクラブにタイトルを』という思いから府中アスレティックFCへ復帰しましたが、あと一歩のところまでいったもののタイトルには届かず、とても悔しい結果となりました。今シーズンは年齢的なこともあり、このまま現役続行をするかとても迷いましたが、自分自身の中に未だに燻っていた“このチームでタイトルを取りたい”という情熱により、現役を続ける決断をしました」

「しかし、残念ながら今回このような決断に至ったのは、たくさんの思いがあり、簡単な言葉では皆さんへお伝えすることはできません。ただひとつ、本当に申し訳ないと思っているのは、今シーズンのアスレの力になることができないということです」

「最後になりますが、府中アスレティックFCのファン・サポーターの皆さん、クラブスポンサーの皆さん、愛する故郷の街の皆さん、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、昨シーズンから府中アスレティックFCで共に戦い、苦楽を共にしてきたチームメイト・スタッフの皆さん、本当にありがとう。府中アスレティックFCに関わるすべての皆さんに感謝をしています。私の愛する街、愛するクラブのこれからの発展を心から祈っています。ありがとうございました。また府中のユニフォームに袖を通せる日が来ることを願っています」

TOP