beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

“底なし沼”大宮、クラブワーストを更新する8連敗

このエントリーをはてなブックマークに追加
[8.28 J1第23節 川崎F2-1大宮 等々力]

 大宮アルディージャは敵地で川崎フロンターレと対戦し、1-2で敗れた。大宮の連敗は8に伸び、クラブワーストを更新。泥沼ならぬ“底なし沼”にはまり込んでいる。

 ゲームは序盤に激しく動いた。前半3分、FW森谷賢太郎の浮き球パスで抜け出したMF中村憲剛が、前にでたGKをループシュートでかわし、ゴールネットを揺らす。同6分にPKで同点とされた川崎Fだが、同9分、反転でフリーとなったFW大久保嘉人が右足ミドルを放つ。ドライブ回転のかかったシュートはゴール右隅に吸い込まれていった。

 前節同様にミドルシュートで得点を奪った大久保は、これで4試合連続ゴール。通算18得点とし、初の得点王へ向け、得点ランク首位を快走している。

 1-2で敗れた大宮はこれで連敗は8に伸びた。先制点を許した直後の6分にFWノヴァコヴィッチが自ら得たPKを蹴り込み同点としたが、再び勝ち越しを許すと、同点、逆転する力は今の大宮にはなかった。

 今季、J1無敗記録を更新したチームとは思えない体たらく。クラブワーストを更新する8連敗。監督交代の荒療治を行っても変わらない流れ。出口の見えない戦いが続く。

▼関連リンク
J1第23節LIVE速報

TOP