beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

湘南が追いつき名古屋とドロー

このエントリーをはてなブックマークに追加
[10.5 J1第28節 湘南1-1名古屋 BMWス]

 湘南ベルマーレはホームで名古屋グランパスと対戦し、1-1で引き分けた。名古屋は連敗は3でストップしたものの、勝ちなしは5戦に伸びた。湘南は2戦連続の引き分けとなった。

 前半は互いに我慢の展開となった。名古屋は得意の高さを生かしたプレーで湘南ゴールに迫ると、DF田中マルクス闘莉王が決定的なヘディングシュートを放つ。GKアレックス・サンターナの好セーブに阻まれると、跳ね返りを押し込んだFWケネディのシュートも左ポストを叩いてしまった。

 対する湘南もサイド攻撃から名古屋守備陣を崩しにかかる。前半20分には右サイドからのクロスをFW梶川諒太が合わせるが、GK楢崎正剛のビッグセーブに阻まれ、ゴールネットを揺らすことは出来なかった。

 後半に入ると試合が動いた。30分、左サイドから上がったクロスをFWケネディが中央で折り返すと、右サイドに走り込んだMF小川佳純が飛び込む。防ぎにいったアレックス・サンターナと交錯するも、西村雄一主審はアレックス・サンターナのハイキックでの反則を宣告。名古屋にPKが与えられた。

 これをケネディがしっかり決めて名古屋が先制に成功。だが迎えた後半38分、湘南は右サイドからMF古林将太がクロスを上げると、中でDF大野和成が頭で合わせる。DF牟田雄祐とMF磯村亮太の間にうまく入りこんだ大野が貴重な同点ゴールを挙げた。

 残留争いを繰り広げる中で、勝ち点1を積み上げるにとどまった湘南。だがここ3試合敗けなしと気持ちの強さを見せている。残り6試合。大事な戦いはまだまだ続く。

▼関連リンク
J1第28節LIVE速報

TOP