beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

甲府は3戦連続スコアレス、鳥栖の連勝もドローで止まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
[12.7 J1第34節 甲府0-0鳥栖 中銀スタ]

 ヴァンフォーレ甲府サガン鳥栖の一戦は0-0の引き分けに終わった。甲府は3戦連続のスコアレスドロー。鳥栖は公式戦の連勝が5でストップした。リーグ戦はこれで終了したが、ともに天皇杯での戦いを残している。22日に行われる準決勝では甲府は広島と、鳥栖は川崎Fと対戦する。

 甲府の得点力不足は最後まで解消されることはなかった。城福浩監督も「支えてくれたサポーターと爆発的な喜び方をしたかったが、我々が得点取れないというのを露呈してしまった」と苦笑いを浮かべた結果。しかしJ1復帰初年度で残留という最低限の結果は残した。6日には城福監督の続投も発表。来季は上位を伺う戦いぶりを期待したい。

 対する鳥栖はスコアレスドローで惜しくも連勝締めとはならなかった。しかし今季序盤、勝ち点を伸ばせず苦しんだ鳥栖も、勝ち点46の12位で終えることになった。「難しい時期もあったが、選手たちの諦めない気持ちという部分が非常に成長した」と振り返った尹晶煥監督。「今をベースにしてもっと個を高めていかないといけない。来年はJ1で3年目。経験値も上がってきているので、そこを生かしていきたい」と来季の更なる飛躍を誓った。


▼関連リンク
J1第34節LIVE速報

TOP