beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

大宮入りDF高瀬、先輩DF今井と中央大コンビを

このエントリーをはてなブックマークに追加

 中央大から2年連続で大宮アルディージャへの加入選手が誕生した。2013シーズンに加入したDF今井智基に続いて、新たにDF高瀬優孝(4年=埼玉栄高)が大宮入りを勝ち取った。高瀬は抜群のスピードと攻撃力が持ち味のSB。主戦場は左サイドだ。先輩の今井が右SBを務めるのに対し、高瀬は左SB。「僕は左サイドがメイン。メロ(今井)くんとポジション争いすることは多分ないと思うが、尊敬しているので、一緒に出られたら嬉しい」と話す。1年目にして主力に定着した先輩の後を追うつもりだ。

 中央大の先輩後輩コンビのSBが、大宮で誕生する可能性について、中央大の白須真介監督は「両サイドを彼らで突破していってくれたら、とても嬉しい」と笑顔。「試合が終わったら倒れ込むくらい走るというのは、大学サッカーまでの話しかもしれないが、2人でそれくらいやってくれれば。今井もでしたけど、高瀬もどんどん前に仕掛けていくタイプ。楽しみです」と話した。

 埼玉出身の高瀬にとって大宮は地元。出身校である埼玉栄高の真裏に大宮のクラブハウスがあったこともあり、「地元のクラブなので思い入れは強いし、ずっと意識していた。まさか自分がプレーすることになるとは思わなかったが、(加入が)決まって縁があるなと思った」と言う。

 プロ入り1年目での目標については「1年目から、どんどん絡んでいきたい。ケガが多いのでしっかりとオフ期間に戦える身体をつくって、バリバリレギュラー争いをしていきたい」と力を込めた。今季を14位で終えた大宮は、小倉勉監督が退任し、来季からは新たに大熊清氏が監督に就任する。指揮官が代わるが高瀬に不安はない。「逆に監督が代わった分、フラットな状態から選手を見てくれるので。自分にとってはやりやすいかなと。ありがたいと思います」と前向きに捉えている。

 練習参加するなかでは、同じポジションのDF下平匠に刺激を受けた。「下平選手のプレーを見たときに自分にないものを持っていた。これから自分にないものをどんどん吸収して、自分のものにしていければ」。下平のことを「本当に素晴らしい選手」と称えるが、1年目のルーキーに臆する気持ちはない。「下平選手を上回っていける自信? それはあります!まずはコンスタントにケガなく、下平選手とは違う自分の良さを出していきたい」。力強く意気込んだ。

(取材・文 片岡涼)

TOP