beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[大学選手権]栃木内定、鹿屋体育大DF坂田は“CB1年生”

このエントリーをはてなブックマークに追加

[12.18 大学選手権2回戦 鹿屋体育大6-1中京大 江戸川陸]

 圧勝だった。前後半で6得点を奪った鹿屋体育大が中京大に6-1で勝利。栃木SCへの入団が内定しているDF坂田良太(4年=大津高)も「正直予想していませんでした」と語るほどの快勝劇。九州王者がこれ以上ないスタートダッシュを決めた。

 CBとして今年1年間プレー。栃木にもDFとして入団する坂田だが、昨年のインカレまではFWとしてプレーしていた。

 転向のきっかけは井上尚武前監督(現総監督)のアドバイスだった。「サッカーに対してまた別の親近感が生まれた。僕はここだなと感じたので、CBでやろうというふうに思いました」。複数のクラブから誘いを受けていたという坂田だが、FWでのオファーも多かったのだという。栃木への入団を決めたのも、「CBとしてのオファーだったから」だった。

 この日もセットプレーから6点目となるゴールを奪うなど、元FWとしての得点力も見せつけた坂田。DFとしては直後に喫した1失点を悔やんだが、チームの成熟度は昨年以上だと自信を持っている。「自分たちは優勝しか目指していない。一戦一戦しっかり勝ちにこだわって戦いたいです」。“CB1年生”とは思えぬ落ち着きぶり。大学No.1DFの称号を引っさげ、プロ入りを果たすつもりだ。

(取材・文 児玉幸洋)

▼関連リンク

第62回全日本大学選手権特集ページ

TOP