beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

俊輔に挑戦状!大卒ルーキー天野「打ち勝っていかないと」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 あこがれの俊輔に挑戦状だ。横浜FMユース出身のMF天野純は小学校のころから横浜F・マリノスの下部組織で育ってきた。順天堂大をへて5年ぶりの古巣復帰。「子供のころからずっとお世話になってきて、いつか恩返しがしたいと思っていた」と、強い決意を口にした。

 ポジションについては「トップ下をやりたい。そこにはこだわっていきたい」と強い口調で言った。横浜FMのトップ下にはMF中村俊輔がいる。「ずっと俊輔さんのプレーを見てきた。あこがれの存在だった。でも、そういう人にも打ち勝っていかないといけない。勝負の年だと思っている」と、かつてあこがれだった存在も、今はもうライバルとして見ている。

 昨季の横浜FMの試合を見ていて、「俊輔さんが胆のう炎でいなかった試合は前線でタメをつくれていなかった。自分がそこに入ったら起点になれるのかなと思ったりしていた」と言う。自信を見せる一方、今のままでは遠く及ばないことも分かっている。

 1学年先輩で、昨季、国士舘大から横浜FMに加入したMF佐藤優平について「大学では王様みたいなプレーをしていて、すごいなと思っていたけど、プロで見たら大学時代とは違うプレーというか、使われる側のプレーをしていた。そこは見習っていかないといけない。自分も大学では周りを使う側だったから」と指摘すると、「でも、チームには王様がいるので」と笑った。

「徐々に、段階を踏んで」と、一歩一歩、あこがれの俊輔に追いつき、いつか追い越したいと願う天野。まずは「開幕スタメンを狙っていきたい。プロになる以上、そこはブレたくない」と意気込んでいた。

(取材・文 西山紘平)

▼関連リンク
2014年Jリーグ移籍情報ページ

TOP