beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

アーセナル戦に向けてマンU指揮官「私たちは良いチーム。それを証明したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッドは12日、敵地でアーセナルと対戦する。この試合に向けたデイビッド・モイーズ監督のコメントをクラブ公式HPが伝えている。

 ユナイテッドは9日のフルハム戦で一度は逆転しながら試合終了間際に失点し、引き分けに終わった。それでもモイーズ監督は「とにかく正しいプレーを続けること。私たちはそれを続けている。なぜならば、続けることで流れが変わってくるからだ。そこに何の迷いもない」と、最下位フルハムと引き分けた結果を引きずることなく、アーセナル戦に臨む考えを強調した。

 昨年11月10日にホームで行われたアーセナル戦はFWロビン・ファン・ペルシーのヘディングで1-0で勝利した。「アーセナル戦は常に勝利を目指している。昨年のホームでもそうだった。水曜日のアウェーも同じ結果を目指す」とコメント。「これまで良い内容の試合はいくつかあったが、一つのゴールが大きな違いを生む。自分たちのプレーをする。私たちは良いチームだし、それを証明したい。良い内容のフットボールで全力を尽くし、勝ち点3を狙う」と力強く語った。


▼関連リンク
プレミアリーグ2013-14特集ページ
欧州組完全ガイド

TOP