beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

[オーシャン杯]粘る町田を振り切り、名古屋が大会5連覇を達成!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

[5.25 オーシャン杯決勝 名古屋4-3町田小田原]

 オーシャン杯は25日に最終日を迎え、決勝で名古屋オーシャンズペスカドーラ町田が対戦した。試合は名古屋が苦しみながらも4-3で町田を振り切り、5連覇を達成した。決勝点を挙げたFP渡邉知晃は「この大会を優勝することが目標だったので、それを達成できてホッとしています」と、タイトル防衛に安堵した。

 開始早々の2分、名古屋はFPシンビーニャが左から折り返したボールを、ファーポスト前に詰めていたFP北原亘がゴールに押し込み1点をリードする。町田も準決勝の湘南戦で出場停止だったFP永島俊が左サイドで存在感を示し、チャンスをつくる。

 波状攻撃から町田ゴールにシュートを放つ名古屋だが、町田はGKイゴールが好セーブを連発。その活躍に応えるように、前半12分にはFP中井健介がゴールを挙げて、町田が試合を振り出しに戻した。名古屋も1分後、FP森岡薫、FP吉川智貴がフィニッシュを放つが、GKイゴールが立ちはだかる。

 それでも直後の14分、森岡は吉川とのワンツーからゴールネットを揺らす。対する町田も譲らない。すぐにFP篠崎隆樹がボレーシュートを叩き込み、同点に追いつく。さらに14分に名古屋は間接FKからFP白方秀和がゴールを決めて、3-2とリードして前半を折り返す。

 後半の立ち上がり2分、名古屋は白方が強烈なシュートを放ったが、ボールはクロスバーを叩く。その1分後にはシュートブロックに入った町田FP大地悟が手でブロックしたとして、2枚目の警告を受けて退場となる。数的不利になった町田だが、2分間を凌ぎ切り、数的同数に戻した。

 しかし、後半8分に中盤でFP出浦知弘のドリブルが引っ掛かり、ボールを奪われると、最後はFP渡邉知晃に右足シュートを決められ、2点差となる。町田は1分後にFP日根野谷建のPA外からのシュートを永島がPA内でコースを変えてゴールに流し込み、再び1点差とした。

 リスクを冒して攻める町田は、何度かショートカウンターを浴びるが、その度にGKイゴールが好セーブを見せて、名古屋に追加点を許さない。残り2分を切り、町田は篠崎をGKにしてパワープレーに出たが、最後まで追いつくことはできず。名古屋が4-3で逃げ切り、大会5連覇を達成している。

Match 15名古屋オーシャンズ 4-3 ペスカドーラ町田
<得点者>
[名]北原亘(2分)、森岡薫(14分)、白方秀和(14分)、渡邉知晃(28分)
[町]中井健介(8分)、篠崎隆樹(14分)、永島俊(29分)

(取材・文 河合拓)

TOP