beacon
TOP > NEWS > 記事詳細

2つの顔を使い分けたオランダ、交代策もピタリで首位通過

このエントリーをはてなブックマークに追加

[6.23 ブラジルW杯B組 オランダ2-0チリ サンパウロ]

 ブラジルW杯12日目が23日に行われ、サンパウロにあるサンパウロ・アレーナではともに決勝トーナメント進出を決めているオランダ代表チリ代表がグループB首位の座を賭けて対戦した。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半に2点を奪ったオランダが2-0の完封勝利。この結果、オランダの首位、チリの2位が決まり、決勝トーナメント1回戦はチリが28日にグループA首位と、オランダが29日にグループA2位と対戦する。

 勝ち点6で並びながらも得失点差で下回り、首位通過を果たすには勝つしかないチリが、序盤からボールを持つ時間が続いた。しかし、オランダはこれまでの2試合同様に5-3-2のシステムを採用して守備に重心を置き、チリの攻撃を待ち構える。なかなかオレンジの壁を攻略できないチリだったが、中盤のMFフェリペ・グティエレス、MFチャルレス・アランギス、MFマルセロ・ディアスが流動的にポジションを変えるだけでなく、前線のFWアレクシス・サンチェスが低い位置まで下がってボールを受けるなど、自在な動きでオランダ守備陣を徐々に混乱に陥れていく。しかし、中央のスペースを空けない堅い守備を崩し切れずに決定機を作れなかった。

 対するオランダはボールを奪ってもチリの素早い攻守の切り替えに遭って、思ったようにボールをつなげず。ここまで3得点のFWロビン・ファン・ペルシーを累積警告で欠いており、2トップのFWアリエン・ロッベンとFWイェレマイン・レンスのスピードを生かそうとロングボールを放り込むが、精度を欠いて彼らが快足を披露する場面をほとんど作れず。前半40分には自陣でボールを奪ったロッベンが一気に加速してPA内まで持ち込んで左足を振り抜いたが、ボールはゴール右に外れてしまった。

 互いにセットプレーから、前半23分にはチリがサンチェスのCKからグティエレスが左足で、同26分にはオランダがMFヴェスレイ・スナイデルが直接FKからゴールを狙ったものの、先制点を奪うには至らず。ロッベンが独力で持ち込んだ場面以外は互いに流れの中からはチャンスらしいチャンスを作れないまま、前半終了のホイッスルが吹かれた。

 しかし、後半に入ると試合の様相は一変。前半はチリの攻撃を待ち構えていたオランダが中盤でのプレッシャーを強めて、チリのパスワークを早い段階で寸断していく。攻撃に移れば2トップに任せ切りだった前半とは違い、人数を掛けてチリゴールをこじ開けにかかった。ボール支配率を高めていくと、後半21分にロッベンがドリブルで運んでシュートまで持ち込むがGKクラウディオ・ブラボの正面に飛んで、スコアを動かすことはできない。

 首位通過のためにも何とか勝利したいチリは後半26分にFWホルヘ・バルディビアを投入して、3バックから4バックに変更してゴールを奪おうと試みる。しかし、ゴールを脅かすのはオランダ。後半31分、交代出場していたFWメンフィス・デパイが放った強烈なミドルシュートはブラボの好セーブに遭ったが、そこで得たCKの流れからチリゴールをこじ開ける。

 後半32分、CKを蹴りに行ったロッベンは後方のDFダリル・ヤンマートへ。ヤンマートが上げたクロスは、これまた後半31分に途中投入されていたMFレロイ・フェルへピタリ。フリーのフェルはヘディングで豪快にネットに突き刺して、ついにオランダが先制に成功した。

 その後チリが猛攻を仕掛けるが、先制後は守備を固めたオレンジの壁を最後まで崩し切れず。試合終了間際にカウンターからデパイがダメ押しゴールを奪ったオランダが2-0の完封勝利を収めて首位通過、敗れたチリの2位通過が決定した。


★大会日程やTV放送、最新情報をチェック!!
2014W杯ブラジル大会特設ページ
★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!
2014W杯ブラジル大会動画ページ

TOP